絵本で見つけた邪悪げなもの


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、「かぞえうたのほん」という絵本が我が家に届いていまして。

かぞえうたのほん (日本傑作絵本シリーズ)
岸田 衿子 (著), スズキ コージ (イラスト)

有名な絵本だそうです。いろんなオリジナル数え歌が載っています。
イラストが独特のタッチで、

 
Kazoeuta2012022901

 
キモ面白いというか、少なくとも全く今どき風ではない絵柄。
「変わった絵本だなあ」と思いながらページをめくっていると、突然、こいつが目に飛び込んできたのです。

 
Kazoeuta2012022902

Kazoeuta2012022903

 
妖魔!?
なにこの攻撃力高そうな闇属性真・女神転生に出てきそうじゃない!

キモ面白いどころじゃないでしょう。夜というシチュエーションといい、このゆらめく身体といい、充血し瞳孔の収縮した眼といい、ラフな髪といい、周りにまとわりつく海藻的なものといい、瞳の小さなフクロウといい……

カッコいい。悪の華、という感じがします。
腕がムチのようにしなり、敵を一撃で葬り去るのが目に見えるようです。どことなく時計仕掛けのオレンジの雰囲気も漂わせています。

もしお子さんがお近くにいらっしゃるようでしたら、ぜひ買って読ませてあげてください。
きっと気に入ると思います。そして夢中になって読む子供の姿に、貴方はかすかな不安を覚えることでしょう。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。