最高でした!!! 映画「夜のとばりの物語」 ★★★★★


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Lescontesdelanuit20120801

「キリクと魔女」で有名なフランスの人気アニメ作家、ミッシェル・オスロの最新作。
これがどのくらい凄いことなのかわかりませんが、「ジブリお墨付き」だそうです。

いや面白かった! そして奇麗だった!
物語の素晴らしさ、映像の美しさ、人生の豊かさを堪能しました。

お話は世界の童話民謡をベースにした6本の短編からなります。
アニメーションスタジオの人たちが、それらの6本を作っていく、という立て付け。

「次はこういうお話を作ろうよ!」と提案がはじまるところから、もう素敵なんですよね。
ストーリーを作っていく、そして出来上がっていく楽しみがみっちり詰まっていて、こちらもウキウキワクワクしてきます。

そして物語がスタート。
1編1編は短いので、間延びせず、テンポよく楽しめます。
全体的に、明るく楽しくお話を楽しめる、そんな作品ばかりです。深刻になったり批判精神がムズムズと沸き上がってきたり、といったことはありません。
ちょっと軽すぎるんじゃないかと思うくらい軽いノリです。


そして映像! 美術!
これが素晴らしい。影絵風で、シルエットの美しさが映えます。
そしてカラー部分の美しさにはめまいを覚えるほどです。めくるめく色の洪水! 世界って素晴らしい! といろんなものを賛歌したくなってきます。

Lescontesdelanuit20120802 Lescontesdelanuit20120803 Lescontesdelanuit20120804 Lescontesdelanuit20120805 Lescontesdelanuit20120806 Lescontesdelanuit20120807

映像の美しさが見事すぎ。なんなのあれ。神がかってるでしょう。
ヨーロッパではアニメーションはアートなのだなあとひしひしと感じます。

超オススメです。もしかするともうすぐ劇場公開は終わるかもしれないので、お早めに。もちろんBlu-rayやDVDでもいいと思います。

予告編はこちら。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。