ランチを撮影したら怒号【掌編】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。
ランチタイム。食べログで口コミ数100超、評価3.54をマークする有名店にて。

僕はいつものように、料理をiPhoneでカシャッと撮影する。

Photo2014012901

と、突然、カウンター越しの厨房から、暴風雨みたいな罵詈雑言が飛んで来た。

「てめぇ! なにやってんだ! ブログに悪口でも書くつもりか! 写真なんかとってねえでさっさと食いやがれ!」

びっくりしてパスタ(4種のキノコのスパゲティ)の中にiPhoneを落としそうになった。

厨房を見ると、頭を剃り上げた髭面の、つまり強面の料理人が、憤怒の形相でこちらを見ている。

いったい何事?

確かに気持ちはわかるけど、今は2014年だよ? ここは食べログ3.6だよ? いきなりゴツいデジイチを取り出したならともかく、スマホで写真撮られるなんて、すっかり日常の光景なはずじゃ?

気難しい人なのかな。あるいは今日は、虫の居所が悪かったのかな。

どうしよう。別にどこに投稿するつもりもないんだけど……

僕は、ゴクンと唾を飲み込んで、相手の目をじっと見ながら、ゆっくりとしゃべった。

「えっと……私が急に死ぬとしますよね? そうしたら、娘や息子たちが、『パパの行った店ってどんなところなんだろう』と興味を持つかもしれません……だからいつも、入口と料理の写真を撮ることにしておりまして……」

料理人の表情が、奇妙な形に歪んだ。

怒りが霧散して行く感じ。でもプライドが邪魔して許すことができない感じ。哀しく微笑ましいと感じると共に、じゃあ何か?俺が怒ったのが悪かったってことか?という自問自答している感じ。

少しして、料理人は言った。

「わーったよ……だけどな、写真撮るときは、事前に断るのがマナーってもんだぜ、兄ちゃん」

そして彼は料理に戻った。

「……ったくよ。撮られる身にもなってみやがれ。緊張するっつーの……」

と、呟きながら。

そうか。これはあなたの作品でしたね。急ぎながらも、ひとつひとつを大切に心を込めて作ってるんですものね。

僕は、繊細に盛り付けられた料理と、無骨な料理人を交互に見やって、思わず微笑んだ。
Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。