僕はどのようにしてカリスマ美容師のデジイチを救ったか


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先週末、原宿の某美容院で本を読んでいたときのこと。
その店ではトップと言われている美容師が、髪を切りながら、こう言った。

「オシャレな本ですね? 写真集ですか?」

どうやら表紙をチラ見したらしい。

僕はいったいどこから説明したらいいものかと悩みながら、本を閉じてまずは、こう言ってみた。

「いや、これ、写真加工のハウツー本なんです」

HDR写真 魔法のかけ方レシピ ~撮ったあと生まれ変わる、写真のあたらしい楽しみ方
石川 真弓 (著)

[Amazonで詳細を見る]

僕は話を続けた。

「えーっと……HDRって、知ってます?」

驚いたことに、そのお洒落なカリスマ美容師は、知っていた。

「ああ、iPhoneのカメラについてますよね? 使ったことはないですが」

なるほど。確かにiPhoneのカメラには、上に「HDR オン」とドドンと書かれていて、それで撮影すると、同じ写真で普通バージョンと少し明暗のハッキリしたバージョンの2枚ができあがってくる。

これは話が早い。

「本当のHDRは、写真を加工して、こんな風に……」

といって、僕は本の表紙を見せた。

Hdr2014101401

「……まるで絵画みたいな綺麗な写真を作る技術なんですよ」

「へえ」

「この本は、そのHDR用の写真の撮り方とか、ソフトを使った加工の仕方とかを紹介する、というのが、まあ、『表の目的』の本です」

「表の目的、です?」

さすがトップ美容師。上手に話を拾ってくれる。
僕はうなづいて、話を続けた。

「ええ、実は、この本を書いたのが、僕の友だちでして」

「へえ!」カリスマ美容師は、軽く驚いた。

「友だちは旅行が趣味で、世界一周旅行したり、あと鉄道オタクでもあるので電車で国内旅行したりしています。そうしながらHDR写真を撮りまくって、それを作例サンプルに使ってるんですよ。つまりこの本の裏の目的は……」

僕は、わざと溜めを作った。

「この本の裏の目的は……『私の写真を見てっ!!!』

「ハハッ。なるほど」

『私が旅で撮影して作りこんできた美麗HDR写真たちを見てっ!』というのが真の目的で、その言い訳というかついでというか、そのために『HDR写真の撮影と作成方法、ソフトの使い方』というハウツーを載せている、それがこの本なのですよ」

僕は、本をパラパラとめくった。

「ほらね、写真がすごくキレイでしょ?」

Hdr2014101402

Hdr2014101403

Hdr2014101404

Hdr2014101405

「ほんとだ。すごいですね」

「こんな写真が自分でも作れちゃうんですよ」

「すごい」

「◯◯(カリスマ美容師の名前)さん、デジタル一眼のカメラ持ってます?」

「……はい、一応。子どもの運動会とか旅行のときとかにしか使っていませんが」

「そうですか」

「毎日持ち歩くのはしんどいし、撮るものもそんなにないですしね」

「これは、そんな人のための本です!!!」

僕はめくってた本を閉じ、改めて表紙を見せた。

『デジイチ、流行ってるから買っちゃったけど、あまり使わない。無駄な買い物だったのかな』という人のための本、それがこれです!!!」

「おおおっ! そうか。キヤノンのカメラでなら、この本みたいなHDR写真を作れるわけですね?」

「そうです! デジイチに『HDR写真を作る』という新しい目的を作ってあげられるんです!」

「いいですね! その本、僕も買ってみますね」

「あー、本屋にあるかどうかわからないから、Amazonで買ったほうがいいですよ」

「そうですか」

「今髪切るのちょっとやめて、iPhoneで買っちゃっていいですよ」

「いいですか?」

「いいですよ」

「じゃあちょっと失礼して………………あ、品切れみたいですね」

「まあ一応カートに入れとけばいいんじゃないですか?」

「そうですね」

----------

というわけで、みごとお一人様ご案内に成功しました。や、僕は営業ではないし、この記事は記事広告でもありませんが。

上の話にもあった通り、『HDR写真 魔法のかけ方レシピ』は、当小鳥ピヨピヨにも時折登場する「まゆみん」が出した本です。

この本の通りにやれば、HDR写真が作れます。
最近はスマホに写真撮影の首座を奪われ、コンデジやデジイチの出番がないな、とお悩みの方への福音となる本だと思います。

本自体の写真もすごくキレイなので、写真集代わりにもなります。カリスマ美容師の目に止まったくらいだから、たぶん間違いないです。部屋に置いといてもダサくないです。

また、旅行に行く時に、新しい楽しみがひとつ増えます。HDR写真を作るという気持で風景を見ると、また違った被写体が見えてくるのではないでしょうか?

本は大きい本屋なら売ってると思うし、Amazonでも(今は品切れみたいですが)買えると思います。

本を読むのは面倒だ、という方は、今週木曜日に、渋谷でまゆみん自身が講師をしてくれるそうなので、それに参加してもいいかもしれません。

Hdr640
HDR写真についてや作成方法、失敗事例までを著者の石川真弓が解説。さらにアドビのLightroom担当者による徹底解説の講座を開催!

◎イベント概要
日 時:2014年10月16日(木) 19:30-21:30(19:15開場)
場 所:loftwork lab 10F(渋谷区・道玄坂)
http://www.loftwork.jp/profile/loftworklab.aspx
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)※領収書の発行可
定 員:50名
主 催:OpenCU
協 力:アドビ システムズ株式会社

あと……とにかく旅行に行きたくなりますね!

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。