美味しそうで深いテーマ『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(映画感想)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

映画『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を観ました。フード系の映画や本が大好きなのと、ヨーロッパの田舎の風景が好きなので期待してました。そうだな、かの名作『バベットの晩餐会』ぽいのを想像してたかな。

結論としては、まず、別にマダム・マロリーは全然主役じゃありませんでした
主役はインドの青年ハッサム。

物語は、フランスの片田舎に引っ越してきたインド人家族が、「ミシュラン一つ星のフレンチレストラン」の向かいに「インド料理レストラン」を開く、という対立的な構図からはじまります。

ハッサムが実は天才的な料理の才能を持っているところから、物語は意外な方向に転がり出します。天才の行動は予想がつかず、かつ、周囲の人を力づくで黙らせてしまうような実力を発揮し、巻き込む世界を広げていきます。

ハッサムの、料理をするときの表情の美しいこと。内側の感性と向き合い、目の前の素材と向き合い、瞑想しているかのような静かな表情で、素晴らしい料理を作り上げてきます。

シズル感たっぷり、温度まで伝わってきそうな料理。
一口味見するときのハッサムの官能的な表情。彼の料理を食べた人の恍惚とした表情。

そう、料理映画に求めてるのはこれですよ! 美味しそうな料理と、料理を作っているシーンと、料理を食べてるシーン。
これがいろんなパターンで次から次へと放り込まれてくれば、もう僕的にはその映画は100点も同然です。

そしてこの映画は、ハッサムとその料理だけではなく、ちょっとしたことから大きな問題まで、いろんな視点からの対立が描かれます。

クラシック vs ボリウッド。
フランス料理 vs インド料理。
高級 vs 喧騒。
フランス人 vs 移民。
ベテラン vs 新人。
周囲の評価 vs 自らの価値観。
家族 vs 孤独。

あまりにも様々なテーマが濃縮されているので、ときおり「あれ? 今のあのシーンは何でああなったの?」というところも何箇所かありますが、まあそれがない映画はほとんどないですからね……あまり説明的になるのもあれですし。

この一本の映画を見ただけで、多角的に世界と人生を捉えることができるようになった気がして、お得です。しかも美味しそう。パンフレットには映画に出てきた料理のレシピも載っていたので、ちょっと作ってみようかな……

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。