これは嬉しい! 太田光が考えた『かぐや姫の物語』のキャッチコピー


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

仕事で都営大江戸線の六本木駅に着いたら、エスカレーターに沿って、ズラリとこんなものが並んでいまして。

爆笑問題の太田光による「ジブリ映画『かぐや姫の物語』のキャッチコピー群」です。





































































































なるほどなあ、こんなやり方があったか、と感心しました。

去年も「『かぐや姫の物語』は僕の中の高畑勲(『火垂るの墓』)トラウマを消した 」という記事として書きましたが、『かぐや姫の物語』は最高な作品です。
長いのですが見飽きず、見終わった後も心の中に延々と後味が残る名作です。
僕は大好きだし、年を追うごとにますます評価が高まり、古典にまで昇華してほしいと思っています。

けど……話はみんな知ってるあの竹取物語だし、絵柄はイマドキじゃないし、ジブリといえど宮崎駿監督じゃない。
なので、どのくらい一般受けするのか、全く関係者ではない他人ながら、心配していました。

鈴木プロデューサーも、その辺を解消しようとしたのかもしれません。

「かぐや姫」に「太田光」を掛け合わせてくるその意外性と話題性で、「かぐや姫」に興味のない人も惹きつける。

毎回宮崎駿作品に変わった声優やテーマ曲を採用するあの方法に似ていますが、「かぐや姫」では、作品自体にはその種の仕掛けを全く組み込んでいません。
作品は作品としての純度を極限まで高めつつ、作品の外で、こういう愉快な仕掛けをほどこしていく。

しかも頑張って仕掛けた罠じゃなく、相手の力を活かしての巴投げ(by スプツニ子)みたいな、自然な流れを利用した作戦。少なくともそう見える作戦。

鈴木さんのマーケティングの天才が遺憾なく発揮された、見事なやり方!
『かぐや姫の物語』ファンとしては、とても嬉しかったです。思わずエスカレーターを3回くらい巡っちゃいました。

何に何を掛け合わせるか。その組み合わせ次第で、結果をどこまでも変化させることができる。
そんな基本的なことを、改めて心に刻んだ次第です。

ちなみに僕が一番好きな太田コピーは、


です。みなさんはどれですか?

あと、僕がキャッチコピーを考えるとしたら……映画を観て一年経った今は、『かぐや姫の物語』は、

「後悔についての物語」

かな。ちょっと大人向けすぎるかな?

同ポスターは明日7日まで都営大江戸線六本木駅のエスカレーターで見れるそうなので、興味ある方はぜひ行ってみてください。

かぐや姫の物語
高畑勲 (監督)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。