「お前、昼行性?」「中高生?」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

「お前、昼行性?」

「中高生? 何の話?」

「いやだから、昼行性かどうかって」

「ギャグ? 意味わかんないんだけど?」

「え?」

「え?」

「昼行性の意味?」

「いや、中高生くらいわかるよ」

「じゃあ何が意味わかんないの?」

「だから、俺に中高生かどうかって聞く意味よ」

「だってお前、早寝じゃん。残業してから飲みに行くとさ、すぐ飲みながら寝ちゃうじゃん」

「え? 酒?」

「え?」

「中高生が酒飲むのは犯罪でしょ」

「え?」

「え?」

「でも実際はほとんどの人が昼行性なわけだし」

「ほとんどが中高生?」

「だからオレも昼行性になりたいなって思うんだけど」

「中高生になりたい!?」

「お前は昼行性だから、どうやったらなれるか相談に乗って欲しいなって」

「え? 何の相談?」

「だから昼行性になる相談」

「中高生になる相談?」

「そう」

「え?」

「え?」

「相談もなにも……」

「例えば生活習慣とか」

「え?」

「特に、夜はどう過ごしてるのかなとか」

「宿題やるとか?」

「え?」

「え?」

「夜の営みとかは?」

「えっ!?」

「え?」

「中高生の!?」

「昼行性の場合の」

「知らないよ!!」

「そっか……ま、考えといてよ」

「何を?」

「昼行性になるコツを」

「中高生になるのにコツ?」

「そう。何かあると思うんだよね……」

「そりゃ、なろうと思えばなれないこともないとは思うけど……」

「だろ?」

「でも、どうして中高生になりたいのか、どういう中高生になりたいのかにもよるよな」

「そりゃ……昼行性の方が健康にいいって聞くしな」

「いや、お前が今から中高生になっても、健康の部分は得られないと思うけどな……」

「え? そういうもの?」

「そりゃそうだよ。おっさんが中高生になるなら、よほどの具体的な目的か必然性がないと」

「昼行性って、そんなに一筋縄ではいかないものなのか……」

「まあ、ちょっと調べとくよ。今の生活を崩さずに、中高生になれる方法があるかもしれない」

「いや、オレはまさに、今の生活を変えるために、昼行性になりたいんだけど?」

「え?」

 
なぜ生物時計は、あなたの生き方まで操っているのか?
ティル・レネベルク (著), 渡会圭子 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。