小室淑恵「男はみんな18時に家に帰れ」TED動画をもう一度


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

昨日、飲み会があったのですが、そこで僕が「子ども小さいから、できるだけ18時には帰るようにしている」という話をしたら、

「よくできますよね。ほんとすごいです」
「僕もそうしなきゃとは思うんだけど、どうしてもできなくて」
「ウチの奥さんも『これできるのはいちるさんだからよ』って言ってました」

という意見が続出して、これはヤバい、という危機感をつのらせました。

みなさま、小室淑恵さんの以下のTED動画を、もう一度観てください。


(日本語訳が見れない方は本サイトにアクセス)

あのですね、この問題は、状況的にできるかどうかというレベルの問題じゃなくて、

● 日本が今後、少子化に拍車がかかり、大人もどんどん心身ともに疲弊していって、国として衰退していくのか
● 日本人がもう一度、自分の時間と活力を取り戻し、国として再起を図るのか

という問題なんだと思うのです。切羽詰まった、個人から国家経済まであらゆるレイヤーに影響する根本的な問題です。しかも思想や世界観の変更を迫るものなので、難易度の高い課題でもあります。

政策や企業レベルでも対応を検討するべきだし、個人レベルでも、まあやる気がある人はという条件付きなのかもしれませんが、無理矢理にでもやるべき問題なんじゃないかと。

もちろん僕も、いつも早く帰れるわけではないですが……でも、早く帰って時間の余裕がある段階で、子どもや奥さんと遊んだり話たりするのは、とても良いものですよ。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。