スマホゲー「星のドラゴンクエスト」が予想を遥かに超えて面白い


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Dragonquestofstar2015102100

 僕のドラゴンクエストの信者レベルは、星5点満点中3.5くらい。半分くらいの正式ナンバリングタイトルをやっています(1、3、5、8、9)。一番好きなのは3。「どっちの女の子を選ぶか悶絶」するより、「自分が一生元の世界に戻れない絶望」の方が心にグッと来たタイプです。ダークファンタージー好きなんで。
 ついでに言うと、ドラクエより「夢幻の心臓II」「ウィザードリィ」「ザナドゥ」などの方が心に刻みつけられている派閥です。これらの名前に覚えのある方はこちらの記事をどうぞ。画像で萌え死ねます。

 で。

 最近、諸事情あって、iPhoneアプリを試しまくっています。
 もちろん、有名どころのゲームもたくさん試しました。パズドラ、モンスト、Ingress、白猫、ツムツムなど、どれも超良く出来ていて面白いです。あと個人的には、タワーライジングというRPGが、とても気に入りました(以前書いた解説記事)。

 がしかし。
 がしかし。

 「星のドラゴンクエスト」。これはヤバいです。来年にドラクエ11が発売されるそうですが、個人的には、この「星の〜」をドラクエの正式後継者、ドラクエ11にしてもいいんじゃまいかと思うくらい衝撃的でした。

 「星の〜」の全体を貫くトンマナは、ドラゴンクエストそのものです。主人公はどこかの誰かじゃなくて「自分」。キャラの絵柄も音楽もあのまま。モンスターも魔法もだいたい同じ。
 しかし、操作が、徹底的にスマホ向けに突き詰められています。バッサリと削っている部分もあって、サービスの企画を生業にしている人間としては、とても勉強になります

 いくつか例をあげましょう。
 例えば、主人公は、「世界全体を見渡せる目」を持っています。UI的にはこんな感じです。

Dragonquestofstar2015102101

 何か思い出しますか? そう、Googleアースですね。まさにGoogleアースみたいな操作感で、このドラクエ世界全体を指二本でピンチして、俯瞰したり拡大したりできるのです。
 これが結構快感です。

 しかもこれ、単に3Dの地図というだけではありません。
 「星の〜」では、ときどき、世界各地に「キラキラ」が現れ、それをタップすると、ちょっとしたアイテム(薬草など)が手に入ります。
 キラキラはどうやって見つけるのか……そう、さっきのGoogleアース的な操作で、この星全体をめぐって、キラキラを探すのです。

Dragonquestofstar2015102102

 マップがミニゲームとなり、結果として、まだはじめたばかりなのに、僕はぼんやりと世界の全体像を把握し、愛着を持ちつつあります。いやすごい。

 こんどは「削った」例をあげましょう。以下の画像を見てください。

Dragonquestofstar2015102103

 街から街(あるいは街から洞窟など)へ移動しているように見えますよね。
 実はこれ、移動してないんです。単に移動している3Dアニメーションなんです。
 僕は全く操作していません。勝手にキャラが目的地に走っていき、途中でモンスターにぶつかり、戦闘に入ります。

 戦闘シーンはこんな感じですが、

Dragonquestofstar2015102104

 ここでも、僕はほとんど何もしていません。キャラは勝手に攻撃しているので、必要なタイミングで、必殺技を選んだり、道具を使ったりしているだけです。
 「自動か指示か選べる」んじゃなくて、自動しかないんです。

 移動については、ダンジョンも同じです。ダンジョンのシーンはこんな感じ。

Dragonquestofstar2015102105

 僕は動かしていません。移動しているようなアニメーションがあるだけ。僕はたまに現れる壺やら樽やらをタップしてお金をゲットしたりしているだけです。

 この割り切りは凄い。ドラクエ最大の魅力のひとつである「世界を駆け巡る」と「ダンジョンを探索する」を、ほぼまるごと削ったも同然ですから。
 ドラクエというゲームは元々冒険に関しては自由度の少ないRPGですが、この「星の〜」ではゼロ。一歩足りとも寄り道できません。
 でも、やってみるとわかるのですが、これがスマホでは快適なのです。スマホゲームはスキマ時間に一休み目的でやる場合が多いです。余計な操作はないほうがストレスはたまりません。

 けど、移動シーンそのものは削っておらず、それがこのゲームの「ドラクエらしさ」に深くつながっています。単なるアニメーションにも関わらず、ちゃんとゲーム画面っぽくなっている。おかげで存分に冒険気分が味わえます。ここはパズドラやモンストにない部分だし、「移動シーンがある」と「ない」とでは、冒険している感が全く違うのだな、と思い知らされた次第です。

 あと、チュートリアルが素晴らしいです。ヘルプが出てくるタイミング、長さ、わかりやすさ、どれも完璧で、おかげで、複雑な作りのゲーム(何をするにも割とタップ数が必要)にも関わらず、迷子にならずに操作を覚えてしまいました。

 他の部分は、あまたあるスマホゲームと同じ(スタミナ制とか、課金勢は最初からチートとか、課金しなくても相当いけるフリーミアムとか、マルチ超楽しいとか)だけど、これはねえ、ドラクエですよ。完全にドラクエだと思いました。
 素晴らしい設計です。担当したみなさまは天才なんじゃないかと思います。そしてそのせいで、このゲームは、相当の自制心を鍛える訓練にもっていこいとなっていることも、併せてお伝えします(意志の力が弱いと、かなりの時間を吸い取られてしまう)。

 ちなみに……僕のキャラはこれです。

Dragonquestofstar2015102106

 名前は「いちる」。IDは「AMYGCF3769」。
 どうしてこんな見た目なのか? それには諸事情ありまして……今「星の〜」世界では、この格好の方が結構いらっしゃるんじゃないかと推察します。
 まだ超弱いですが、よかったら気軽に友だち申請してくださいー。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。