元旦誕生日あるある


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

● 誕生日プレゼントがお年玉
● 友達からのメッセージは基本的に「明けましておめでとう!」。誕生日のことは忘れられているか、p.s.の方に収められていることが多し
● ただでさえ正月はカロリー過多なのに、おやつタイムにデカいケーキが出てくる(超太る)
● 完全に誤解なんだけど、日本中が自分の誕生を祝ってくれている気がする
● 間違いなく他人に覚えてもらえる
● 90%くらいの確率で「おめでたいねー!」と言われる
● 友だち交えた誕生日パーティをやりづらい(冬休み真っ最中)
● 「歳」と「年」が一緒なので、この記事の最後の一行みたいな文章が作りやすい
● 入力フォームの誕生日選択が(少しだけ)やりやすい

そんなこんなで、良いことも悪いこともございます。
基本的には気に入っているのですが、でも、「何でもない普通の日が、たまたま自分の誕生日だったから、周りがお祝いをしてくれる」というシチュエーションにも、憧れることはございます。

去年は、一昨年の嵐が嘘のように、バタバタと忙しいながらも、基本的にはとても穏やかな一年でした。
たまたま穏やかだったというより、一回り思慮深くなったというか、注意深くなったような気がします(気がするだけかもしれません)。
あと、いろいろと仕込みの年だったようにも思います。仕込んだものの中には、失敗してそのまま地中深く埋められたものもあれば、今年以降花咲きそうな予感がしないでもないものもあります。振り返ってみると「いつものことながら、一生懸命生きた一年だったなあ」と思います。他の人と比較してどうかはわかりませんが、自分なりには精一杯頑張った。

今年も引き続き穏やかであることを祈ると共に、いくつか実現したいことがあるので、集中して取り組みたいと思います。
この一年も、どうぞよろしくお願いします(こういう文章が作りやすい)。

Amazon欲しいものリスト

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。