「いいね!」を強要する奥さまたち【タリーズ事件簿】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

毎度タリーズにいて恐縮ですが、ほら、チョコリスタがもうすぐ終わりそうだし、足繁く通っておかないと……
というわけでタリーズにいましたら、斜め向かいの奥さま2人が盛り上がっていまして。

盛り上がってるんですけど、互いにうつむいて、自分のスマホを見ながら会話しています。
カフェで人と話すときくらい相手の目を見たらいいのに、と説教くさいいことを思いながら本を読んでいたら、ふと相手の会話が耳に飛び込んできて、そして仰天しました。


 
 
「ねぇねぇ、投稿したよ。『いいね!』してー」

「はーい」

(しばし沈黙)

「あ、いいね!来た来た。ありがとー!」

「わたしのも『いいね!』してー」

「オッケー」

 
 
いいね!くらい好きにすりゃいいじゃねえかと思うのですが、奥さまたちは、特にソーシャル疲れしているというわけでもなく、無邪気に互いの投稿にいいね!をしあっているご様子。

僕だったら息苦しくてソーシャル絶ちしちゃうかもなあ。基本的に、互いに優しいより、互いに寛容な方が好きな性質です。「わたしもあなたに気を使ってるんだから、あなたも気を使ってよ」より「わたしも自由にするから、あなたも自由にしていいわよ」といいますか。
もちろん相手に優しいのは大前提にあるのが、この性格のやっかいなところなのですが。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。