『ファイアパンチ』には何故アクションシーンがないのか?(追記あり)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ファイアパンチ』という、話題のWebマンガがあります。僕も読んでいて、確かに面白いです。絵も上手い(僕好みでもある)し。
しかし、僕は毎週更新される度に、モヤモヤを抱えてしまうんです。

なんだろうこの不完全燃焼さは? と不思議に思っていたのですが、先日、はたと「アクションシーンがないからだ」と気づきました。

『ファイアパンチ』は、ジャンルとしてはダークファンタジーです。現実とは違う世界の話で、しかもシリアス。
当然、戦う場面は多いです。しょっちゅう戦闘している。毎週しているといっても過言じゃない。
そして、ダークファンタジーなので、戦闘は激しく凄惨なものになりがちです。

しかし、ファイアパンチでは、戦闘のアクションシーンは描かれません。
だいたいいつも、戦いが始まる瞬間→戦いが終わった瞬間、と、コマが跳んでしまいます

僕はこのことに気づいて、改めて逆に、この種のマンガにおけるアクションシーンの重要性をひしひしと感じました。

例えば同じくダークファンタジーに分類される『進撃の巨人』や『ベルセルク』。
人気の理由は何でしょう? もちろん世界観やキャラクターやセリフ回しも素晴らしいですが、やはり迫力満点のアクション! ではないでしょうか?

例えば『ハンター×ハンター』の25巻。
ここで作者の冨樫義博さんは、小説的な文字モノと、マンガ的な絵モノの両方のいいとこどりを試みています。
人物の心理描写や感覚の変化といった絵にしにくいことは文章で表現し、アクションシーン的な文章にしにくいところは絵で描いています。
Hunterhunter20160704
結果として、ほんの僅かな時間の中に大量の情報が凝縮され、緊迫感が異常に高まる展開の表現に成功しています。
(個人的には、この緊迫感は、村上春樹『1Q84』で青豆が教祖暗殺の後にホテルを出るときの描写に匹敵すると思っている)。

例えば『ワンパンマン』。ONEさんによる原作の方
村田雄介さんの画力はやっぱ圧倒的にすごいのですが、ONEさんの原作の線数の少ない下手な絵も、面白さという点では村田版に引けをとりません。
なぜか? 原作版は、アクションシーンの書き方が上手いからです。止め絵として見れば下手なのかもしれないけど、動きはビンビンと伝わってきます。とてもダイナミックで、まさに動いているように見える。

これらと比較すると、ファイアパンチはアクションシーンが……っ! アクションシーンが……っ!
なんで? なんで描かないの!? せっかく異能力者同士の超次元のバトルなのに、何がどうなってどう攻防が入れ替わって何が決定的なミスでどう決着がつくことになったのか、全然わからない。「勝った/負けた」しかわからない。特に今週なんて「人間の戦いじゃなかった」わけでしょ?
Firepunch20160705
その様子はぜひ描いてもらわないと!

何故描かないんだろう?

  1. 作者の藤本タツキさんがアクションシーンに苦手意識を持っている
    この可能性はあります。先日のナタリーでのインタビューでも「自分は絵が下手」と言っていたし(あんなに上手いのに……)
  2. アクションシーンは単行本に収録される
    この可能性もあります。ネットの無料漫画のビジネスモデルって、まだ手探りですからね
  3. アクションシーンなんて別に大事じゃないと思っている
    設定やセリフや構成を大事にする派閥な可能性もあります。でもそれだったら、もちとアクションが関係ないマンガを描けばいいのに
  4. 「目にも留まらぬ速さでバトルが行われた」感を演出している
    ありえるかもしれませんが、たまにならいいけど、毎回、100%ですからね。その演出はあまり効いていない気がします

いずれにしろ、スカッとする部分は何もないので、ただ人間や厳しい環境の暗黒面とグロ描写が続くばかり……

ただ、設定や世界観やセリフや物語構成を重視する人は、僕の感じてるようなモヤモヤ感は全然感じていないかもしれませんね。
僕も、アクションが重要ではないマンガには、別にアクションは求めないんです。少し前にファイアパンチが休載されて、同じ作者さんによる青春モノの短編が掲載されていたんだけど、あれはとても素敵なお話でした。

でもまあ、ここまで書いておいて何ですが、基本的にマンガは作者のものなので、作者さんの好きなように描くのがベストだと思います。僕のこの記事は、大きなお世話以上の何物でもありません。お目汚し大変失礼いたしました。
作者さんは絵の下手さを気にしているようですが、とんでもない! むしろ絵柄が大好きだし、話も2転3転4転するそうなので、これからも期待しています。

追記:最近はどんどんアクションシーンが大胆に描かれるようになってきています!

p.s. 今定期ウォッチ中のウェブ漫画は、『ケンガンアシュラ』『Sレア装備の似合う彼女』『灼熱カバディ』『モブサイコ100』『ワンパンマン(ONE版、村田版両方とも)』『北斗の拳イチゴ味』『中国嫁日記』『ファイアパンチ』『ペンと箸』『Gのサムライ』『DAMAISM(全然更新されないけど)』『ニューヨークで考え中』です。他に面白いのがあったら教えてくださいー。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。