4歳児、都知事選の感想を漏らす


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

それは、家で妻と都知事選の話をしていたときのことでした。

「うーん、難しいね……」
「今回はいったいどうしたらいいのかね……」

そこに、娘(4歳)がやってきました。
大人の会話に加わりたくて仕方がない時期です。

娘:「どうしたの?」

妻は、一応説明しました。
とはいえ、子どもに選挙のこと、ましてや今回の都知事選のことなど、説明できるわけもありません。なんとなくです。なんとなく、それっぽいことを話しただけでした。

ところが。

娘は真剣に聞いて、それから、無邪気な顔で、こう返してきたのです。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
娘:「日本は終わったの?」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あながち間違っているともいえない気が。
確かにねー。毎回都知事選はヤバいけど、今度という今度は本当に凄いからねー。人というよりポケモン大集合みたいな感じだからねー。

いやーそれにしても笑ったなー。声のトーンなどから何かを読み取ったのでしょうか?
しかし、子どもたちの将来のためには、僕たちは日本を終わらせてはなりません(キリッ)。
今回も、できるだけ、少しでも良い候補を選ぶべく、真剣に考え投票したいと思います。そういえば投票って一回も危険棄権したことないです。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。