PPAPボリウッド版の奇妙さがエゲつなかった


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ピコ太郎が外国特派員協会での会見で「最高だ」と言っていた、PPAP(ペン・パイナップル・アップル・ペン)のインド版。

観てみたら、インドどころか完全にボリウッドでした。

おかしいよ! ここまでオリジナリティ出てたらもはや二次創作じゃないわ!

いやーこれは……狙って作ったならすごい才能だし、インド人は普通に踊るとナチュラルにああなるというのであれば、やはり以前インドに行ったときの印象は間違ってなかったのだな、別の惑星みたいだわ、と、リスペクトが止みません。

あと、世界中のPPAP観てみたけど、結構みんなダンスが間違ってるんですね。

確かに簡単なようでいて、リズム取り慣れてないと、どこにアクセント置いて身体動かしてるのかわからないかも。足の重心移動と胸の閉じ開きが連動して、開いた時アクセントがあるんです。

今日子ども向けダンス会(まだやってる)でPPAPダンスを教えたのですが、あの子たち、学校で相当自慢できるかもしれないなあ。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。