ストレングスファインダーを受けて絶望した話(追記あり)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

今日、大きいブレストがあるので、その事前準備のために、昨日ストレングスファインダーをやったんですよ。
この本を買って、付録についてくるアクセスコードでサイト上のテストを受けるんです。

で、テスト結果が出てきました。
結果自体は「うん、それが自分の強みなのは知ってる」というものでしたが、改めて自分の強みというものを言語化→客観視して見れたことと、普段「この部分は弱点だから克服しないとなあ」と思いがちな思考にブレーキをかけ、強みを活かすよう自分を方向づけるきっかけとして、とても良い経験をしました。

で、今日。
というかさっき。

ブレストが終わった後、昨夜ストレングス・ファインダーをやったことを同僚に話したら、こんな返事が帰ってきたんです。

 
 
 
 
 
 
「ああ、最近2.0が出たヤツですね」

 
 
 
 
 
 
なに言っちゃってんの!?

2.0? え? 知らないよ? なにそれ?

「でも本屋で買ったんですよね? 2.0の方を買ったんじゃないですか?」

そう?
表紙見比べてみようか。

……うん、買ったのは旧版の方だわ……

「……さすがですね……ブログに書いたらいいですよ……」

というわけで、いまこうして、ブログをしたためているわけでございまして。

どうしてその本屋は旧版と新版を両方置いておいたのか、どうして旧版を買おうとする僕を引き止めてくれなかったのか。
絶望と後悔だけがつのります。

いま、僕が悩んでいるのは「新板を書い直してテストを受け直すべきなのかどうか」です。
テスト内容は違うのか? 精度が上がっているのか?
それともテストは同じだから受け直す必要はないのか?

悶々とします。ネットをいくら漁っても、テスト内容が同じか違うかについての言及は見当たりません……

どうする自分……

追記:出版社に電凸して確認しました

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。