過程なはずが目的になる【タリーズ事件簿】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

タリーズで仕事をしていたら、隣の女子大生2人組のうちの1人が、

「わたし、趣味って別にないんだよねぇ。敢えていうと、タピオカ作ることくらい?」

と言っていて、話し相手も「えー! なにそれ!?」と言っていたが、隣の僕も心の中で「えー! なにそれ!?」となっていた。

タピオカを作ることとの何が、僕をそんなに驚かせたのだろうか?
おそらくタピオカは「過程」だからだ。

何かを作る際、たとえばタピオカ入りココナッツミルクとかを作る途中で、タピオカを作る(というか戻す)作業が入るだろう。

だから、それが目的になるのは珍しい。さらに趣味にまで発展していると、

「作ったタピオカどうしてるの? 茶碗に入れて米みたいに豪快に頬張ってるの? それとも枕やクッションに詰めてるの?」

「『タピオカ大量消費のレシピ』が今バズっているのかもしれない」

と、いろいろと悶々としてしまう。

そういったものは、他にもあるだろう。
・鍵をかけること
・PCのウィンドウを最大化したり最小化したりすること
・犬に首輪をかけること

書いてて思ったけど、「生理的に気持ちのいい暇つぶし」なのかな。プチプチをつぶすみたいな。
彼女にとって、水にひたされて少しずつ膨らみ透明になっていくタピオカには、熱帯魚がただよう水槽のような効用があるのかも。薄暗い部屋でずっとそれを眺めている、みたいな。

なんだか、お洒落な趣味なんじゃないかという気がしてきました。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。