「手はつなぐもんだ」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

今日、下の子の卒園式があった。
これで我が家は、幼稚園と縁がなくなることになる。家族としても幼稚園卒業だ。

幼稚園へ毎朝連れて行った日々のことを、覚えておきたい。

家を出ると、子どもが、手を伸ばしてくる。
「手をつなぐ」のが当たり前なのだ。
手をつないで歩いて幼稚園に行くものだと、子どもの中では決まっているのだ。

しかし、日本で大人になってだいぶ経つ僕は、知っている。
「手をつなぐ」ことが、どれだけ特別なことか。
手をつなげる人が、いかに少ないことか。
ましてや、なんの気遣いもなく、親密さを示す必要すらなく、当たり前のように手を伸ばしただけでつなげる人は、その中でもさらに、いかに少ないことか。

この小さな生き物が、全幅の信頼を寄せて、毎朝手をつないで歩いてくれたことを、しみじみとありがたく思う。
ありがとう、ありがとうね。

この毎朝の記憶は、宝物のように、いつまでも覚えていたい。
いや、でも、僕は、恐ろしく忘れっぽいからなあ……

だからこうしてブログにしたためておく次第です。
こういうときブログ超便利でしょ。SNSに書いておくだけだと、そのまま流れて行っちゃって後で死ぬほど探しにくいから。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。