エクセルシオールで怖い目にあった


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ラテを飲みたくて、エクセルシオールに入ったときのこと。

僕はタリーズに行くような気軽な気分で、こう頼みました。

「ホットのラテ、トールで」

しかし、店員さんが、ノーリアクションです。
僕の声が小さすぎて聞こえなかったかな?と、今度はハッキリと声を張りました。口にしました。

「ホットのラテ、トールでください!」

すると。

店員さんが、しばらくの間、僕を叱るような目で見据えた後、こう返してきたのです。

「……サイズはいくつになさいますか?」

僕は電撃に打たれたように気がつきました。ここはタリーズでもなければスターバックスでもない、エクセルシオールだ!と。
この国家では、真ん中のサイズは「トール」ではなく「ミディアム」または「M(エム)」だった、と。

僕は慌てて「エムで! エムでください!」と言い直しました。
店員さんは、笑顔こそありませんでしたが、特に遅延なく、すぐに

「ホットのラテ、Mサイズかしこまりましたー」

と返事してくださいました。

あーむっちゃ怖かった……店員さんのあの目つき、あの声色……

しかし、どうして彼女はあんな反応をしたのだろう? 疲れていたのかも知れない。しょっちゅうトールトール言われすぎて心が傷ついていたのかもしれない。もしかしたらタリーズやスタバの面接に落ちて、仕方なくエクセルシオールで働いているのかもしれない。

いずれにしろ、僕は誓いました。もう二度と間違えまいと。
そして、次にこの店に来ることがあったら、店員さんを笑顔にしてみせよう、むしろ爆笑させてみせよう、と。

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。