幸せになる才能【タリーズ事件簿】

大学生くらいとおぼしき3人の女性が、飲みものを持って、席に座った。
それだけなんだけど、キラキラがすごかった。

 
A子「(座りながら)ねーここ、ベスポジ!? ベスポジ!?」注:ベストポジションということだと思われる)
B子「(自分の飲み物を指差しながら)見てーこれ、すごく可愛い!」
C子「(自分の飲み物を指差しながら)美味しそう! 見て見て!」

村上春樹『騎士団長殺し』の感想を長々と書く。まるで書評ブロガーのように。

もったいないので、時間の余裕がたっぷりあるときに、ちょびっとずつ読んだ。まるでダイエット中のポテトチップスのように。
そのせいで、だいぶ時間がかかったが、先日とうとう村上春樹『騎士団長殺し』を読了した。あーあ、読み終えちゃった。

感想は、複雑だ。

超格好いい僕のジャガー

ジャガーが欲しくなっているのは村上春樹の『騎士団長殺し』を読んだせいなのだけど、現物を手に入れるのには様々な障害があるので、

IMG_5803

レゴ・デュプロで可能なレベルで再現。
今の僕にはこのあたりが限界でしょうかね……

iPhoneの「充電できない/パソコンにつながらない/バックアップ取れない」を、つまようじで解決

これ、なんだと思います?

Iphonedust20170407

iPhoneのLightningの充電口に溜まっていた、ホコリたちです。サイズ感がわかるように、死ぬほどたくさんもらった(ありがとうございます)Buzzfeedのノベルティのメモ用紙の上に置いてあります。
丸めるとBB弾くらいの大きさになりました。あの狭い中に、こんなに詰まっていたのか!!!

僕は「iPhoneのバックアップはiTunesでとり、写真はイメージキャプチャでパソコンに吸い取っている派閥」に属しているのですが、半年ほど前から、iPhoneをケーブルでパソコンにつないでも、接続が途中で切れたり、そもそも認識しなかったり、バックアップや写真読み込みといったデータのやりとりに失敗することが、頻繁に起こるようになったんです。

しょくぱんまんの顔の食べ方が予想外すぎた

アンパンマンミュージアムにて、おそらく期間限定で売られている、オリジナルの「しょくぱんまん」。




読んでみたら、びっくりしました。

アンパンマンは、自分の顔を食べさせるとき、一部をちぎって「これをお食べ」と渡しますよね?(文字に起こすとえらいグロテスクですが……)
身を削ってるから、子供にパン(=顔)をあげているうちに、だんだん弱っていく。

しょくぱんまんの場合は、以下の通り、仕様が若干異なるのです。




太陽の光でトーストして、一枚はがして、子供にあげます。

……てことは、食べさせてるのは、日焼けでむけた皮?
顔の皮をあげてるの?

口の中に嫌な食感が広がります。食べたくないなー。でもこの方式だと、アンパンマンより多くの人たちにパンをあげることができるから、やり方としてはより洗練されていると言えなくもないのかも知れません……

他にも、パトロールに行くとき、専用の射出装置から飛び出てきたりして、




いろいろと面白い本でした。
薄々感じてはいたけど、しょくぱんまんはアンパンマンの改良版なのですね。アンパンマンが初号機だとすると二号機、みたいな。

渋谷>>>>ドラッカー

渋谷センター街そばのコンビニのゴミ箱の上に、P・F. ドラッカー先輩の名著『プロフェッショナルの条件』が無造作に置かれていて、っていか、ほぼ明らかに捨てられていました。

Drucker2017032401

糖質制限(=肉だらけ)なランチを食べた

虎ノ門に用事があったので、ついでに、前々から行きたいと思っていた糖質制限推奨店「肉塊UNO」でランチを食べました。

ここのランチは1日50食限定。メニューは1種類のみ。
席に座ると、ほどなく、例のブツが運ばれてきました。


ぶ厚い赤身肉の塊。その下には鶏肉の塊。
普通ならライスが盛られているところには豆とゆで卵。
申し訳程度にちょこんと付いてくる、小さな小さなパン。


昼間っから肉祭りでございます!
噛めば噛むほど味わいが増すお肉様を、堪能させていただきました。

あまにのボリュームに顎が疲れましたが、「オレは炭水化物を摂っていない! つまり太りにくい!」という安心感とあいまって、とても満足するランチでした。
これで1000円は安い。

爆発する日本酒を買った

いつも日本酒を買うお店、吉祥寺の「大阪屋」にて、先日は不穏な逸品を買いました。
大信州 純米吟醸 スパークリング」というお酒です。

 
Daishinsyu2017032203
恐ろしく目立つ真っ赤な「注意」のラベルが、瓶とラベルのシュッとしたオシャレ感を帳消しにしています。

 
Daishinsyu2017032203
「この注意書きを必ず読め」とあります。
身の危険を感じます。

気持ち良すぎて溶ける! パソコン仕事の人に最強のマッサージ店『アタマファクトリー』

Atama2016032102

なかなか頻繁に行けるものではないけど、マッサージ屋は気持ちいいので大好きです。
どうせなら少しでも自分に合ったところに行きたいと、いろいろ巡るのですが、現時点で最強だと思うのは、新橋にある「アタマファクトリー」。

XL7kXQC5

ここは、ヘッドマッサージの専門店です。で、なぜここが最強かというと、

ふだん机に座ってパソコンやスマホばかり見て仕事をしている僕らは、自分が意識しているよりずっと、眼精疲労頭が凝ってたりします。
あと、集中や緊張が続くと、顔に力を入れ続けるので、顎や頬なども凝っています。

だから、アタマファクトリーで60分くらい、集中的に、頭や目の周りをほぐしてもらうと……
首・肩・背中や足裏では到達できなかった、極上のウルトラスーパーリラックスが!!!

良いアニメを観ると哀しくなるのは何故?:『ひるね姫』感想

Hirune2017031802

何故かっていうと、理由は、「日本は今後もこのようなアニメを作っていけるのかな?」と悲観してしまうから。

僕の周囲だと、知識・知恵・分別がある人であればあるほど、「日本はこれから衰退していくしかない」って言うんですよね。
人口ピラミッドが逆三角形になる。社会保障費が増大し、将来への投資や支援にお金が回らない。他国では若く優秀な人が続々と台頭してきて、国家がそれを支援する。日本は負ける。もうダメ。衰退決定。きっつー。あとはできるだけソフトランディングできるかが問題。我が子は海外で活躍させよう。云々。

メディアも似たような悲観論(「悲観論じゃない。現実だ」と言う)を流すか、あるいは逆に、やけくそ気味に「日本はすごい!」「世界は日本をこんなに尊敬している!」というプロパガンダを流すばかり。

「クール・ジャパン」という国家政策もだいぶ前からあるけど、それによって、たとえばアニメに携わる人の労働環境が著しく改善したとか、アニメにかける予算が激増したとか、巨大産業として世界中の才能を引き寄せているとか、アニメ監督がビリオネアなセレブになったとか、アニメの世界での上映館数が倍々ゲームで増えているという話は聞かない。

でも、日本のアニメって、今すごく面白い、下手すると一番面白い状況にあると思うんです。
深夜帯だけど(だからこそ?)、毎クール大量の新作が出てくる。いろんなジャンルでいろんな実験が行われている。一般受けする方程式も上手に取り入れる。