マスクドシンガーは家族で観るのに最高だった

今日、家族で毎週末ちょっとずつ見ていたアマプラの『マスクドシンガー』を観終わった。
我が家としては最高に面白かったです!

Maskedsinger20211128

我が家には「家族団らんでテレビを観る」という習慣がない。家族で観ようとしても、どの番組が適切なのかよくわからない。ゴールデンの番組は、我が家ではイマイチ受けが悪い。
(なんでだろう? もしかしたら家族団らん用のテレビ番組というものそのものが減ったのかな? より狭いターゲットに的を絞った番組ばかりになったのかな?)

ただ、最近はいろいろ激務で疲れていて、週末に家族で外出したりゲームしたり映画的なものを観たりするのがキツいときがある。

何も考えず何もせず楽めて、家族間の会話も盛り上がる、そんなコンテンツはないかなと探していたところに、マスクドシンガーはピッタリとハマった。

まず見た目的に、着ぐるみが楽しげでいい。
出演者も盛り上がってていい。1人や大人だけで観ていたら恥ずかしくなるかもだけど、子どもたちと観るときはこのくらいがいい。
歌やパフォーマンスもいい。いつも「想像以上に歌が上手い」という驚きがある。
誰かがイジられたり大変な目に遭ったり設定が複雑だったり、一歩引いていたり冷めていたり優しくなかったり、あるいは怖い系や恋愛系といった、我が家で受けが悪い系の要素もない。
時間も1時間くらいでCMもなくてちょうどいい。

そして「あれは誰?」という謎解き要素がある。分からない人は本当にマスクを取る瞬間までわからなかった。
この「マスクを取る瞬間」が実に見事で、

● マスクを取った瞬間の演者の表情が、憑き物が落ちたみたいなサッパリ感があって、とてもいい。輝いてる
● 子どもは正体がわかってもピンとこないのだけど、「歌が上手い着ぐるみの中の人はこんな人だったんだ!」と楽しめる
● 大人は「この人だったんだ!」と謎解き的に楽しめる

など、いろんな要素があって、結局、大人も子どもも同じように楽しい気持ちになって盛り上がる。まさに「家族でワイワイ言いながら観る」という目的をかなえる番組だった。

マスクドシンガーのおかげで、我が家では、毎週ランチの後にテレビの前に集まって同番組を観るという「お約束の楽しみ」ができました。観る前も、観ている途中も、観た後も、単純に楽しい気分になれた。家族と遊んでいる気になれて良かった。

マスクドシンガーは、僕にテレビの本来の力を思い出させてくれる番組でもあった(テレビ番組じゃなくてVODだけど)。一緒に観ている人と盛り上がって楽しむことこそがテレビの元々のパワーだし、いったん人々が携帯やスマホなどで個に向かった後、改めて強く求められだした機能なのかもしれない。

わざわざリアルで集まらなくても、金ローやスポーツでTwitterが賑わったり、ウォッチパーティという手法が確立されたりするのも、テレビの「同期性」という特徴を使った遊びだ(そうじゃないものはスマホで個々人が好きなときに勝手に観ればいい)。
そして、1周どころか100周くらい回ってるけど、くつろげる人たちと集まって楽しむテレビは、改めて最高でございました。

そんなマスクドシンガーも、今日で観終わっちゃった。
マスクドシンガーくらい、家族団らん用にちょうどいいコンテンツってあるんだろうか? 探しているうちにマスクドシンガー2がはじまっちゃうかもしれない。

厳粛な想いを一瞬にして破る

帰宅すると、寝る前の子どもたちが、おごそかな面持ちで並んで立っていました。

僕:
「なにしてるの?」

FP3級に合格したので、勉強方法や試験当日の心情などをまとめた

資格の類とは全く縁がなかった僕なのですが、コロナ禍にいろいろと勉強をはじめました。
その結果のひとつとして、FP3級に合格したので、勉強方法をまとめます。

Fp3202111

最初に言っておくと、範囲が広いけど、ひとつひとつは簡単だし、大事なことを学べるので、みなさんに超オススメします!

話題の「焼き柿」をオーブンと魚焼きグリルで作った

何日か前にバズってた、トースターで作る焼き柿を作ってみようと思い立ちました。週末だし。

柿は焼いた方がウマい!? JA全農オススメの「焼き柿」は甘くてとろける革命的美味しさだった!:RocketNews24

レシピではトースターで焼くことになっていますが、我が家にはトースターがありません。

オーブンで焼こうか、キッチン備え付けの魚焼きグリルで焼こうか考えて、両方でやってみることにしました。
結果がこちら。

Kaki2021102201

どっちがどっちでしょうか……?

 
 
 
 
 
はい。
左が魚焼きグリル、右がオーブンです。
魚焼きグリルは中の様子がイマイチ見えないので、規定時間の10分焼いて出したら焦げてました。
オーブンは中の様子を見ながら調整できるので、時間にとらわれず、いい感じと思った段階で取り出せました。

両方とも、カスタードクリームのようにトロットロで柔らかそうです。

Kaki2021102203

Kaki2021102203

お味は……

筋子からイクラの軍艦巻きを作った

スーパーで筋子が安くなっていたので、毎年恒例のイクラを作りました。

基本の作り方:筋子からのイクラ醤油漬けはコスパ良すぎたし作り方も余裕しゃくしゃくだった:小鳥ピヨピヨ

筋子から、皮っぽいところを手でむいて取ります。

Ikura2021102201

この作業、ちゃんと美味しいイクラを作ろうとすると、1.5時間くらいかかります。
好きじゃないと途中で投げ出しそうな面倒くささですが、作業自体は楽しいので、僕は年1〜2度くらいならオーケーです。

できあがったイクラの元を、煮切りした酒:醤油を100ml:100mlで漬けます。ちょっと足りなかったかな。もしかしたら150ml:150mlでも良かったかも。

Ikura2021102202

そして翌日。

ちょっと例年と違う感じにしようと思って、イクラの軍艦巻きを作ることにしました。
やり方とかは特にありません。軍艦巻きっぽいものを作ってイクラを乗せていくだけです。

Ikura2021102203

作ってて、寿司職人の大変さが少しわかった気がしましたw
大きさが一定に揃わないし、ご飯の握り具合もバラバラになる。海苔も思い通りに巻かれてくれない。

運指というか、かなり繊細な手の動きが要求されます。
これに、魚の選び方とか、仕込みの仕方とかを加えたら、そりゃ修行期間は長めになるかもなあ、と思いました。

食べてみた感想は……

auをpovo2.0に変更するときの注意点いくつか

いくつか持っている回線のうち1つがauだったので、povo2.0に変更してみました。
すると、何箇所かで結構つまづいてしまいました。他の誰かのお役に立てればと思ったので、ここにシェアします。

 
1. auからpovo2.0に変えるときは、そもそも入り口のメニューが違う

それはコロナの症状ではない

久々に行ったタリーズにて。

大学生かな? 僕の隣に2人が座ってコーヒーを飲みはじめたのですが、冒頭で、こんな会話をキャッチボールしてたんですよね。

A子:「あれ? コーヒーが苦い!? おかしい!?」

B子:「危なくない? 一応病院で診てもらったら?」

……いやちょっと待って。それは普通では?

コロナじゃないと思うけど、念のため気をつけた方が……みたいなニュアンスで話していたけど、コロナの味覚異常は確か味がしなくなる系だったはずだし、そもそもコーヒーは(もし飲んでるのがブラックであれば一層ハッキリと)苦いもののはずだし、いろいろ分からなくなって頭がバグりました。あれ? 僕が間違ってる?

でも、気をつけているのは良いことだと思います。気をつけながら少しずつ日常を戻していきたいですね。

家族でコロ夏(コロナ下での夏休み)頑張った祝いをした

コロナ陽性者が連日1000人とか5000人とか出ている中、我が家の夏休みは、とても頑張りました。

里帰りも毎年行ってる那須も行かず、それどころかあらゆる海も山も川も行かず、キャンプもキャンセルして、映画館や外食もせず、毎日のように家にこもって、たまに近所の公園を散歩して。
ご飯は自炊かテイクアウトのみ。もちろん打てる限り全力でワクチン摂取。マスク手洗い必須だし、ちょっとしたお出かけでも適宜アルコール消毒。

こういう家庭けっこう多いと思うのですが、みなさまも、そしてウチも、頑張ったと思うんです。
だから、妻の提案で、夏休みの週末最終である今日は、頑張った祝いをしよう、ということになりました。

最後の最後に、エレンの想いも伏線回収で報われていた?【進撃の巨人】【ネタバレあり】

いま皿を洗っていて、ふと思い至りました。
もしかしたら、単行本最後の「進撃のスクールカースト」で、エレンの伏線回収があったかもしれない、と。

祝! 教科書にしてたPython本をやり終えた!

やった!
たった今、ずっと教科書代わりにしていた『退屈なことはPythonにやらせよう』をやり終えました!

Python2021061801

長かった……10ヶ月もかけてしまいました……
この本はPythonをゼロから構造的に勉強するものではなく、Pythonをちょっとした業務効率化に使うための、なんちゃって本です。秀丸のマクロやエクセルの関数の簡単なのみたいなものです。
そんなレベルの本に10ヶ月は、さすがにかけすぎですよね?
でも、562ページもある超分厚い本なので、

Python2021061802

やっつけた! という満足感はすごいです。

最後の最後に出てきた演習問題で作るプログラムがクソ of クソで、この本の真髄を表現しているようで笑いました。
なんと、「マウスを10秒おきに動かして、スクリーンセーバーの起動を阻止し、Slackなどであたかもオンラインにいるかのように見せかける」というものだったのです。