キノコ研究家としてのジョン・ケージ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

「4分33秒」をはじめ、60年代の代表的な現代アートの、音楽方面での第一人者だったジョン・ケージ。
実はキノコ研究家だったそうです。

キノコに還った発明家 ジョン・ケージより:

キノコの何について研究していたのかは私が調べた限りでは、はっきりしなかった。森に入ってキノコを収集するのが得意で(それこそ神業のようだったとか)、もっぱらそれを食用にしていたらしい。毒キノコにあたって死にかけたこともあったとかなかったとか…。

全米でも指折りのキノコ研究家だったとのこと。森に入ってキノコ狩り、キノコを常食とする現代アーティスト…極めて怪しいです。ほぼ確実にクロと見て間違いありません。

dokukinoko.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。