「ハリー・ポッター=ビル・ゲイツ」の証拠


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Cnet Japanに、以下のような記事が掲載されていました。

ビル・ゲイツに聞く、「Longhornで何が変わるか」

内容は何やら新しいOSについてで、最後まで読んでも判ったような判らないような、非常に難しい記事でした……

僕がこの記事で注目したのは、内容以外の部分、文中にある、ゲイツ本人による以下の発言です。

我々はソフトウェア会社であり、ソフトウェアの魔法によって複雑さが軽減され、新たな開発プラットフォームが誕生し、セキュリティ問題が解決すると信じています。

え? 魔法? ……

……まさか、

ハリー・ポッターが成長すると、ビル・ゲイツになるのですか!?

ち、ちょっと待ってください。整理しましょう。ハリー・ポッターは、少年が魔法を覚えていく物語。一方、ビル・ゲイツは、我々は魔法を使うと、ハッキリと明言しています。

ハリー・ポッターは大冒険が織り込まれた物語ですが、上記記事の冒頭にも、以下のような文言があります。

これだけ大成功を収めて続けてきても、Bill Gatesはやはり、冒険家だ

顔もかなり似てます。ってゆーか、明らかに同一人物としか思えません。

harrypotter20031113.jpg   billgates200311132.jpg

間違いありません。ハリー・ポッターは、ビル・ゲイツの少年時代の物語です。と、いうことはハリー・ポッターの最終回が、ハリーがソフトウェア会社を興し、巨人IBMや、夢に溢れた小さなベンチャー企業を相手に、常に本気でバトルをしかけていくというオチになる可能性は、十分にありえますね。

まったく、衝撃の事実を知ってしまったものです。ただ、このことが子供たちに夢を与えることになるのかどうかは、ちょっと微妙ですが……

harrypotterjkrolling20031113.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。