ドイツ人のための日本語講座


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

これ、前回のワールドカップ時に、話題になったんですかね?

ドイツ人のための日本語講座

以下抜粋:


  • 「カレーソセージ は すし に も して いる の。」(Gibt es Currywurst auch als Sushi?)

  • 「ごげん ね、 ゲロ しなきゃ いけない。」(Entschuldigen Sie, ich muss mich ubergeben. )

  • 「オランダ なし に ワールド カップ に 行こう よ。」(Ohne Holland fahren wir zur WM! )

  • 「ま、 そう ね、 もちろん…」(Na gut ah, sicherlich... (Franz Beckenbauer). )

  • 「あれ は 自分 で 出来た ぞ。」(Den hatte ich doch sogar selbst rein gemacht. )

  • 「オフサイド じゃ なかった、 ばか やろう。」(Das war doch kein Abseits, Du Blindfisch! )

  • 「レフェリーさん、 あなた の 車 は どこ の 駐車場 に ある か 知って いる よ。」(Schiedsrichter, ich wei?, wo Dein Auto steht?)

  • 「フッル マッサージ は どこ で やって いる かい。」(Wo kriege ich hier eine Ganzkorpermassage? )

  • 「残念 だ、 ドイツ 終わっちゃった。」(Schade Deutschland, alles ist vorbei.)

……高原を「スシボンバー」と名づけたときにも少し思ったんですけど、もしかしたら僕が考えているよりもずっと、ドイツ人と僕って気が合うのかもしれませんね。そういえば僕の周囲の人は、ドイツ語の翻訳の仕事をはじめたり、ドイツに転勤になったり、ドイツに留学したりと、なんだかみんなドイツづいています。

次やるときはイタリアなしでやりましょう>ドイツさん

doitsu2004021501.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。