BL小話『小鳥×木村剛』後日談


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

さて。
いつもと全く違う装いの「blog史上初の同人誌『小鳥×木村剛』の内容って……」を公開した後に起きたいくつかの出来事を、抜粋します。


●歌を送られる

三谷ちずちゃん(腐女子の行く道、萌える道)から「アニキ」の称号を受け、タイトルソングを送られました。以下に歌詞が載っています。

腐女子の行く道、萌える道: 爽やかなふたり

……メルヘンチックだなあ(泣)。「あー、駆け引き出来ない。本気すぎて♪ / 愛かもしれない。風が囁く♪」ですよ! K DUB SHINEに聞かせてやりたいですよ!
でも、歌を当てはめるのは面白いですね。こんなのもお似合いではないですか?

---------------------------------------------
あんまりソワソワしないで♪

いつでもあなたはキョロキョロ♪

よそ見をするのはやめてよ♪

私が誰よりいちばん♪

好きよ♪好きよ♪好きよ♪(ウッフン)

好きよ♪好きよ♪好きよ♪(ウフフフフ)
---------------------------------------------

……_| ̄|○ 身を切ったギャグはこのくらいにしておきますか……




●机の上に「マリみて」が置かれる

「マリみて」とか、名前しか判らないのですが、本日夕方ごろ、事務所の僕の机の上に、そっと「マリア様が見てる 1巻」が置かれていました。
僕に読めと言うのですか!? これを!? この、どこをどう切り取っても女子純度100%の物語を!?



●当惑のメールが来る

いつも「小鳥」を読んでくださっている方は、今回の記事に、明らかに当惑されたようです。
「これはどう反応すれば……冗談ってことですよね?
新境地、ですね……」
「とても素敵な小説でしたが、木村様がお怒りになられないか、心配です……
……皆様、ご心配ありがとうございます……



●微妙な褒め方をされる

同じ事務所の同僚かつ腐女子な女子は、「あの小話は完璧でした」「やればできるじゃないですか!」「続きを書くべきです」と褒めてくださいました……

神様は、誰にでも、最低1つは、他の人より明らかに秀でた「才能」という名前の贈り物を、してくださるようです。
もし僕に贈られた「たった1つの才能」が、「BL書き」だったとしたら……っ(泣)!

marimite2004042101.jpg

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。