稲川淳二「冬の怪談」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

稲川淳二が、

冬の怪談

という新コンセプトを掲げたようですね。

Inagawa2004121401 ブログる場合ですよ!! :稲川淳二「冬の怪談」

ホント必死ですね(泣)。何故か稲川淳二には、無実の罪で逃亡中の人みたいな、命がけで人生生きてるイメージがあります。その努力の様が、いつも僕の胸を強く打ちます。

聞くところによると、夏はテレビで怪談話をしたあと、秋から春にかけては、同じ怪談ネタで全国ドサ回りだというじゃないですか。

お父さん!そんな無理しなくていいから!
アタシ働くから! 頑張るから!

思わずそう言って抱きしめたくなります。
 
 
 
好きです。
 
 
 
でも、もしかしたら、結構儲けてるのかもしれないですよね……どことなく貧乏そうな、幸が薄そうなオーラを漂わせるのも、怪談話をする者としては必要なのかも知れません。
 
 
Inagawa2004121402怖いから聞かないで(惨)稲川淳二

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。