バグへの愛


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

複数の会社が絡んで、システム的な仕事をすることになったので、
作業がスパゲッティのようにこんがらがった状態にならないよう、
複数社で共通のバグ管理方法を取ることにしました。

バグをどう取り扱っていくかについて、先方の会社にまずは
叩き案を出してもらうことにしました。

今日、その先方の会社から、バグを管理するフローのドキュメント
が来たのですが……1行目に、こう書いてあったんです。

 
 
 

バグライフサイクル

バグは生まれて、発見、そして修正、確認、クローズというライフサイクルを経ます。


 
 
 
 
 
この人……
 
 
 
 
 
 
バグを、まるで生き物のように愛でています!
 
 
 

バグが大好きなんですよ! バグを、生れ落ちてすぐ消えていく弱く儚い生命と捕らえ、そのライフサイクルを愛おしく見つめて生きてきたんですよ!

そう、ちょうどサヤエンドウを見守るメンデルのように。
昆虫を観察するファーブルのように。
我が子を見つめるのように。
 
 
 
バグの中にも五分の魂。
 
 
 
僕の中で、バグに関する考え方が根本的に変わりました。これからは、バグを発見したら、笑顔で目を細めて

「こんにちは」

って挨拶しようと思います。
 
 

ラヴァーズ・ガイド―究極の愛のすべて…愛する人々へのメッセージ
Andrew Stanway 早野 依子
本の友社 (2005/05)
売り上げランキング: 23
おすすめ度の平均: 5
5 悩みを持つ方に
5 大人の性教育本
5 まず初めに恋愛ありき。勘違いしないで!

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。