ジャワの影絵芝居「ワヤン」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

インドネシアはジャワの影絵芝居「ワヤン」を見ました。

Wayan2005082701

ワヤン、たぶん、写真とかでは一度は見たことがあると思います。
影絵で使うような人形を使って、教訓のあるお芝居をします。
大抵はガムランという民俗音楽とセットです。

演じてくれたのはクルタクルティ
5、6人ぐらいで、ガムランをガンガン演奏し、影絵芝居は1人でやります。1人で何役もこなす感じ。

ガムランの音が素晴らしかったです。鉄琴やスチールドラムのような金属音が重層的に響きあって……
また、影絵人形の出来も異常にカラフルで凝ってました。本場ジャワ島では、影の方は見ず、人形を直接見る方が多いそうです。

演目はマハーバーラタの中から「アリンビの結婚」。物の怪の娘が人間の男に恋をする、という話です。
随所に現代的な笑いを混ぜ、軽い仕上がりの親しみやすいストーリーになってました。

終わったあと、楽器や人形を触らせてもらいました。
楽器が楽しくてずっと叩いていました。後で周囲に聞いてみると、「小鳥さんが何やら盛り上がっている」と話題だったらしいです。

クルタクルティはアマチュアの団体ですが、結構あちこちでワヤンをやってるようです。
それと、結婚式や学園祭への参加もしたいとのこと。
詳しくはホームページを見てください。

とても南国な感じで、楽しめました。インドネシアの方は行ったことないんですよね。何か呼ばれてる気もするので、行ってみたいです。
なお、これは「脳の右側で描け」のアート&ブレイン夏の恒例で、もう3回目だそうです。なんかアート&ブレインって、国内外のこういう伝統芸能系と繋がりが深いんですよね。
 
 

幻影綺譚マハーバーラタ
民族音楽 トゥガララン村のワヤン一座
ビクターエンタテインメント (2000/08/02)
売り上げランキング: 74,779

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。