怖かった夢


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

怖い夢を見ました。

 

どこか空き地で、祭りをやっています。
側では僕のが、ガンガンに足を踏み鳴らして踊ってます。
僕の後ろには妻らしき人がいます。でもそれは本物の妻ではなく、僕の実の従姉妹のようでもあり、また何かの芸能人のようでもあります。

ふと、さっきまで妻の胸元になかったものを見つけました。
小さな幼児の顔。そう、妻は、赤ちゃんを抱えていたのです。

僕は驚き、尋ねました。
「え!? いつのまに生んだの?」

妻はうつむき加減で微笑み、こう言いました。
「ええ、あなたの…が死んだから」

僕には弟が死んだから」と聞こえました。驚いて弟を見ると、さっきまで元気に踊っていた弟が、今ではぐったりと地に腰を下ろしています。
え!? 弟は死んだの!? いつの間に!? と驚いていると、妻が急に首を横に振って、クスクスと笑いました。

「違うわ。弟さんじゃない」

続けて、妻は、こういいました。

「あなたが死んだから、この子が生まれたのよ」

 
 
あーっはっはっは、なーんだ、死んだのは僕か……っておい!

 
突っ込みを入れながら、ガバリと目を覚ましました。汗をびっしょりかいていました。

----------

夢って不思議ですね。意味のないような映像なのに、明らかに感情に訴えかけてくる。
かつて、ノーベル賞候補にも挙がった失明の文学者ホルヘ・ルイス・ボルヘスは、現実と夢についてこう語ったといいます。

「現実では、物を見て感情が沸くが、夢では、感情が物を作る」(文献ど忘れ)

だから現実で見ればたわいのないもの(例えばちくわとか)でも、夢で見ると、すごく怖いものに見えたり、愉快なものに見えたりするのかな?
夢で「すごい面白いストーリーを思いついた」作家が、実際に紙に書いてみるとまるで面白くなかった理由も、こんなところにあるのかも知れません。

 

伝奇集
伝奇集
posted with amazlet on 05.09.29
J.L. ボルヘス 鼓 直
岩波書店 (1993/11)
売り上げランキング: 13,618
おすすめ度の平均: 3.78
4 小説のおもしろさ、読書の幸福
4 難著ですが、それだけに本質に訴えかけてきます
1 翻訳の問題

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。