空中に浮かび上がる3次元映像


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

ナニコレ(ペリー風に)!?
格好良すぎ!

 

産総研より:


3d2006020801空中に浮かび上がる3次元(3D)映像

 独立行政法人 産業技術総合研究所【理事長 吉川 弘之】(以下「産総研」という) 光技術研究部門【部門長 渡辺 正信】は、 慶應義塾大学【塾長 安西 祐一郎】(以下「慶應大」という)理工学部システムデザイン工学科 内山太郎研究室、株式会社バートン【代表取締役 木村秀尉】(以下「(株)バートン」という)と共同で、空気以外なにも存在しない空間にドットアレイからなる“リアルな3次元(3D)映像”を表示する装置の試作に成功した。

 これまでに報告されている多くの3次元ディスプレイ技術は、人間の両眼視差を利用する3次元表示方法であり、視野制限や虚像の誤認識による生理的不快感などがあった。
 本装置は集光レーザー光で焦点近傍の空気をプラズマ化し発光させるものであり、レーザー光の焦点位置を3次元空間中に自由に制御することで空中(3次元空間)に実像としてのドットアレイからなる3次元映像の表示を実現したものである。

 
 
いくら!? いくらで買えんの!?
今すぐ欲しいのですが!?

 
ヤバいこの人たち最高。確実に未来へと一歩踏み出しましたね。
数年後には信号を全部コレに置き換えて欲しいです。

 
 
攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。