トイレ ノ ムコウ


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Toilet20071002

 
 自動のものは、実はバイトによる手動なのかもしれません。

 例えば、トイレで小の用を足すとき。
 最近、用を足した後で便器から離れると、自動で水が流れるタイプが多いじゃないですか。

 あれが、実は手動
 壁の向こうにバイトがいて、赤い赤外線ランプの向こうから僕たちの方を見ている。
 僕たちが遠ざかったのを見計らって、タイミングよく、手に持ったバケツの水を流している。

 バイトは3交代制。時給は結構高いけど、職場がトイレなので「トイレ休憩」という概念はない。
 基本的には男性のみのバイトだが、需要が高いところ(丸の内など)は、ときおり掃除をしてくれる女性が兼務しているときもある。

 
 僕が気軽に用を足しているその向こうで、多くの人が頑張っているんだなあと、しみじみしました。
 今度トイレに行くときは、そっと「ありがとう」と言ってみようかな。アブナさがいきなりレッドゾーンに振り切れるからやめとこうかな。

 
 
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字
山田 真哉 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。