委員長タイプの女子中学生が読んでいる本


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

僕が座ってる車両に、
女子中学生が乗ってきました。

おさげでメガネ。
絹のような色白の肌。
地味目な顔。広いおでこ。
セーラー服の冬服。

絵に描いたような委員長タイプ
まさに以下のイラストのような感じです。

 
Zare2008031801
(from 言戯

 
委員長は僕の隣に腰掛け、
鞄から文庫本を取り出し、
静かにそれを読み始めました。

「委員長って何を読むんだろう?」
と気にはなりましたが、
覗いたりはせずに、僕は僕で、
ひたすらDSでFFTA2をやってました。

本筋とは関係ないですが、
中学生→読書。
大人→DS。
彼女よりも自分の方が程度が低い気がして
恥ずかしかったです。
ところでFFTA2って無類に面白いと思うのですが、
なぜ社会現象となるようなヒットにならないんですかね。

 
そして、事件は、
電車が大手町に近づいてきたころに起きました。。

 
僕が現在の駅を確認するために
振り返って窓の外を見ようとしたとき、
たまたま、委員長が読んでるページが目に入ったんです。

そこには大きく太字で、こう書いてありました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

失踪中の会社社長、大蔵省のロビーで割腹自殺!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を読んでんの!?
え? え? 実は極右
少なくとも穏やかな小説じゃあ
全くなさそうなんですけどっ!?

 
まだけがれを知らなそうな、まじめそうな、
おさげで眼鏡な学級委員長タイプの女子中学生なのに、
実は心の中で、どんな冒険をしてて、
何に興奮し、どこに興味深々なんでしょう。

人って本当に、1人1人が多様で深いですね。
見てて飽きません。

 
 
ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア
スクウェア・エニックス

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。