アーサー・C・クラーク先生が死去


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

アーサー・C・クラーク先生がお亡くなりになられたそうです。

「2001年宇宙の旅」作者、スリランカで死去より:

 小説「2001年宇宙の旅」で知られる英国人サイエンスフィクション(SF)作家アーサー・C・クラークさんが、スリランカで死去した。90歳だった。

<中略>

 クラークさんは昨年12月、90歳の誕生日に友人向けの別れのメッセージを録音。その中で、生きているうちに地球外生命体が存在する証拠を見たかったと述べていた。

Sirarthurcharlesclarke2008031801「2001年宇宙の旅」からはじまる「スペース・オデッセイ」シリーズは、僕も何年かに1度は必ず読み返すほど大好きです。

2001年宇宙の旅」「2010年宇宙の旅」「2061年宇宙の旅」「3001年終局への旅」を通して一気に読むと、人類が宇宙へとおっかなびっくり進出していき、そのさなかに、驚天動地の、今まで想像だにしなかった新しい世界観、新しい生命、新しい進化の方向を見つけていくという、ドキドキワクワクせざるを得ない壮大な交響曲を、パノラマのように楽しむことができます。

壮大な物語というのは他にもたくさんありますが、アーサー・C・クラーク先生のそれは、その質の高さ高級感がまた格別で、気持ちがいい壮大さなんです。
たとえて言うと……ソファでくつろいで、暖炉の脇でワインを傾けながら読んでるような。実際は6畳の畳部屋でパジャマ姿のままじゃがりこかじってるんですけど。

映画「2001年宇宙の旅」も素晴らしいのでですが、僕は小説の方が好きです。ですのでこのたびの訃報は、本当にとてもとてもとても残念で……心よりご冥福をお祈りします。
最後のメッセージも切ないです。もし実際にその辺を宇宙人が飛んだり遠くからこっちを観察したりしてるんなら、別に公に出てこなくてもいいので、1人くらい先生の病床を訪れて挨拶してくれても良さそうなものだと思いませんか?

とりあえず、今日からまた、もろもろの再読をはじめます。今頃先生は、宇宙の驚異を見て回って楽しんでるんですかね?

 
 
※本日はアフィリエイトを外してお届けしております。

2001年宇宙の旅 2010年宇宙の旅 2061年宇宙の旅 3001年終局への旅

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。