「もったいない」運動と吉兆


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

船場吉兆、というか吉兆全店で、客が手をつけてない残飯を、他の客に使いまわしていたそうですね。
理由は「もったいない」からだとか。

--なぜ使い回したのか

 湯木正徳前社長が「見た目がきれいなまま捨てるのはもったいない。使えそうなものは食べるなり、再度利用できる」と指示した

「今はいっさいない」使い回し疑惑で船場吉兆料理長 一問一答より:

本件については、ちゃんとノーベル平和賞受賞者の

 
Wangari20080509

 
ワンガリ・マータイさんに伝えて、かつ彼女の言ってる「モッタイナイ」と吉兆の中の人が言ってる「もったいない」は何がどうちがうのかインタビューしてまとめると、マータイさんの思想がよりクリアに判っていいかもしれませんね。

なんだったら、これを機に吉兆はマータイさんの「MOTTAINAI もったいない運動」を積極的に推進していくというのはどうでしょう?
即効で「お前が言うな!」というツッコミを受けるという点では大阪らしくて良いと思いますし、しつこく運動を続けていけば、信用回復のチャンスになるかもしれませんし。

 
 
モッタイナイで地球は緑になる
ワンガリ マータイ (著), Wangari Maathai (原著), 福岡 伸一 (翻訳)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。