お産の歌 vs リックドム


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

お産はあまりにも非日常。だから普段決して言わないことを言う、と聞きます。

ウチの場合は特にそういうことはなかったなあ、と思っていたのですが、今日助産師さんがうっかり漏らしたところによると、ナースステーションでちょっとした話題になってるそうです。
奥さんじゃなくてが……

聞いたところによると、僕自身は全く記憶がないのですが、どうも僕は、出産直後に行うカンガルーケアの最中に、子供の目の前で、即興で子守唄を作って、延々と歌っていたのだとか。

「あのお父さん、ずっと『ちーびちーびー、こんにちはー』って歌ってたのよ」

とか言われてるのでしょうか。いや恥ずかしい、明日以降ナースステーションに顔を出すのがです。

まあ、どこかで聞いた話なので真偽のほどは定かじゃないですが、とある妊婦さんが、陣痛のとき、カッと目を見開きながら、大声で、

「リックドム!」

と叫んでいたそうですので、その異常さに比べれば、子守唄くらいは可愛いものだと思います。
お産中の珍発言、他にもきっと、クオリティ高いのがいっぱいあるんだろうなー

 
 
カンガルーケア―ぬくもりの子育て小さな赤ちゃんと家族のスタート
堀内 勁 (著), 橋本 洋子 (著), 飯田 ゆみ子 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。