レアすぎる言い間違い


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

昨夜、地下鉄で、僕の隣に、疲れきったサラリーマン2人組がいました。

顔もテカつき、眉間にしわを寄せ、ネクタイをゆるめ、手すりにもたれかかるようにしています。
一刻も早く家に帰って倒れたいのでしょうが、もう今しばらくは電車に乗って社会人らしくしていないといけません。

 
しばらくして、Aがボソリとつぶやきました。

A:「そういえばCが今日おらんかったな。あいつどこ行ったん?」

もう1人は、いかにも面倒くさそうに答えます。

B:「四万十川や」

その答えが全く予想していないものだったのでしょうか、Aは急に目が覚めたように元気になり、びっくりして聞き返しました。

A:「しまんとがわ!? なんでや」

するとBは、また面倒くさそうに手を振って、こう返したのです。

 
 
 
B:「いや、島根や。間違ったわ」

 
 
 
その言い間違えはレアすぎるだろう、と、僕はこっそりと心の中で突っ込まざるを得ませんでした。

 
 
金の言いまつがい (ほぼ日ブックス)
ほぼ日刊イトイ新聞 (著), 祖父江 慎 (著), しりあがり 寿 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。