トマト専門店のトマトを食べてみる


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

昨夜、赤坂駅周辺でトマト専門店を見つけました。

 
Tomato2009040801

 
店名は「セレブ・デ・ドマト」。案内文いわく、「選ばれしトマト達がシンフォニーを奏で」ているお店なのだそうです。僕じゃなくて、お店がそう言っているのです。
青山や代官山にもあり、ここ赤坂で4店目みたい。

店内に入ると…丸ごとそのままのトマトが、高級果物のような扱いで売られていました。
スイーツもトマト縛り。トマトのソースやジャムもあります。

 
Tomato2009040802 Tomato2009040803 Tomato2009040804 Tomato2009040805

 
ここまでセレブ感たっぷりだと、なんだかトマトがとてつもなく素晴らしい、神の食べ物に思えてくるから不思議です。
僕は何か夢の中にいるようなウットリした心持ちに襲われ、気がついたら、「ルネサンス・クイーン」と「夢クイーン」という、ゴルフボール大のトマトを2つ買って、

 
Tomato2009040806

 
ひとくちひとくち、じっくりゆっくり味わい噛み締めながら食べていました。

ルネサンスの方は、トマトというよりも大きなチェリーといった感じですね。とてもフルーティ甘みもたっぷり。
トマトとしてはすごいのですが、似たような感覚を楽しみたかったら、大きいチェリーを買っても大差ないのではないかという気もします。

夢の方は、ルネサンスよりも野菜っぽい感じでした。とても濃いけど普通のトマト味だったということですが、ルネサンスの後だとなんだか安心できまます。これでビザを作ったら美味しそうです。

と、いうわけで、セレブトマトは確かにとても美味しい、果物と野菜の中間に位置する不思議なトマトだったのですが……

このルネサンス・クイーンと夢クイーンがですね、

1個600円したんです。2個だから1200円ですね(泣)。

僕の昨夜の夕食はトマト2つで終了です(泣)。

 
 
Le Creuset ミニ・トマト レッド

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。