マッサージ屋以外に首と頭をお願いする


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先々週に引き続き、先週末、マッサージに行くことにしたんです。

今回は頭から首にかけての凝りがひどかったので、その部分だけをマッサージするようなコースがあるかどうか、電話予約時に確認することにしました。
で、予約の電話をしたのですが、プッシュをミスって、以下の会社に間違い電話をかけてしまったようなのです。

株式会社ふらっと・ホーム

今調べてみたのですが、不動産の会社だったようですね……

とても申し訳ないことをしました。不動産屋じゃあ、余計に意味がわからなかったことでしょう。
なぜなら、僕の電話の第一声が、こうだったからです。

 
プルルルルッ(結構長い間鳴ってた)。ガチャッ。

不動産屋:「は、はい! もしもし」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕:「頭と首でお願いしたいのですが」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不動産屋:「え、え、え……え!? えぇっ!? あたまとくくくくびですか!?」

(いったい何!?)
食べるの!?)
(何かの隠語!?)
(何をお願いされたわけっ!?)

 
 
無数ともいえる疑問が、不動産屋の頭を駆け巡ったことでしょう。
先方の反応があまりにも変だったので、僕もすぐ間違い電話だと気づき、謝罪して電話を切りました。

その後、正しくマッサージ屋に電話をかけることに成功。
またしても「ご希望のご担当者はいらっしゃいますか?」と聞かれたのですが、やはりまだ名前を覚えておらず、けれど前回のような指定の仕方をする勇気もなかったので、「いえ、いません」と言ってしまいました……

マッサージ屋は、マッサージしてもらう以外のイベントが多すぎます。

 
 
整体的生活術
三枝 誠 (著), 甲野 善紀 (寄稿)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。