山口晃の馬バイクTシャツ買った


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

今週水曜日(7月15日)まで上野の森美術館やってる話題の展覧会「ネオテニー・ジャパン」を駆け込み鑑賞してきました。
これはそこで買った、僕が超ウルトラに大好きな山口晃のTシャツです。

 
Akira2009071201

 
山口晃は「現代の大和絵師」と呼ばれる絵描きです。屏風に描かれた大和絵のような暖かく素朴なタッチと、ヒエロニムス・ボスのような細かいユーモアに満ち溢れた、いつまでも見飽きない大作を次から次へと発表しています。

例えば、これは「邸内見立 洛中洛外園」という作品の一部ですが、

 
Akira2009071202
季刊プリンツ21より)

 
よく見ると、中央部分で、

 
Akira2009071203

 
ASIMOがおもちゃを引いてたりします。

で、買ったTシャツは、山口晃が以前よく使っていた「馬バイク」のモチーフをかたどったものです。拡大するとこんな感じ。

 
Akira2009071204

 
うー格好いい……この夏はこのTシャツがヘビーローテーションしそうです。

さて、肝心のネオテニー・ジャパンですが……個人的にはまあ普通、くらいでした。
新しいアーティストとの出会いを期待していたのですが、結局最高だったのは、この山口晃と、会田誠と、奈良美智。少し残念……
やっぱ一番の驚きは、この展覧会で展示されている作品が、全て1人のコレクター、高橋龍太郎による所有物だってことですよね。アートって、こういうパトロンっぽい人がもっとたくさんいると、いろいろと楽なんだろうな。

ところで僕、カイカイキキのMr.のごく初期の、レシートの裏に描いた忍者少女の絵を持ってて、手放したいのですが、こういう現代アートって、ネットのオークションとかできるんですかね?

 
 
山口晃作品集

[Amazonで詳細を見る]

prints (プリンツ) 21 2009年秋号 特集・安野モヨコ

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。