本を読むコツ:橋本大也「情報力」


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

情報力」は、老舗の書評ブログ「情報考学 Passion For The Future」の橋本大也さんによる、情報活用についての本です。

情報力
橋本 大也 (著)

[Amazonで詳細を見る]

ネットを使った情報の集め方、整理法、そして活用方法のノウハウが、全部で94ページという超コンパクトな本の中にギッチリと詰まっています。非常に具体的で、このソフトを、このサービスをこう使えというところまで踏み込んでいます。

そして、驚くべきことに、橋本さんは速読ができません

ネットで著名な人はたいてい速読ができそうな印象がありますが、橋本さんは200ページ強の本を読み終えるのにだいたい3~4時間。普通です。本を読むときも最初から1行1行追って読んでいるようです。

その代わり橋本さんは「即読」を進めています。つまり「読みたい」と思ったらすぐに読む。モチベーションが高いうちに読む。すると読書速度も速いし、内容吸収率も高いし、完読率も高い。

僕が言っても全く説得力がないですが、僕もそう思います。
加えて、あと2つ、僕には読書のコツがあります。それは、

  1. チビチビとやる楽しみを覚える
    これはスティーブン・キングが「小説作法」という本の中で言っていたことです。 読書が苦手な人は、どうしても「本を読むまとまった時間が欲しい」と思いがち。でも、テキーラのロックのように、チビチビと少しずつ読む習慣を身につければ、ストレスも少ないし、時間を作らなくてもいいし、一歩一歩着実に読書できています。
  2. 読むのをやめる勇気を持つ
    特に買った本だと、ついつい全部読もうと思ってしまいがちですが、自分にとってあまり実りがないなと思った本は、たとえ途中でもやめた方が良いと思います。
    その際、もしその本をブック・オフに売ったり友だちにあげちゃったり捨てたりするのであれば、その本の表紙を撮影しておくことをオススメします。後で読みたくなったときに題名などを思い出しやすいからです。

です。もちろん人それぞれのやり方があるでしょう。ポイントは、自分にとって無理のない情報収集や読書法を工夫する、ということなんでしょうね。やるかやらないかのゼロイチじゃなくて。

 
 
小説作法
スティーヴン・キング (著), Stephen King (著), 池 央耿 (著)

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。