飯野賢治、マイケルになりきる(体型を除く)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

飯野賢治さんと言えば、(たぶん)世界初の本格的なフル3DCGゲーム「Dの食卓」や、最近だとiPhoneゲーム「newtonica」やWii「きみとぼくと立体。」で有名なゲームクリエイターであると同時に、音楽関連の活動、あとさまざまなモノに関して審美眼が高いこと、それと、ビジュアルが有名であります。
何といいますか、一度見たら忘れられない。

Eno20091130

その飯野さんが、12月3日の深夜に、麻布十番のDeparture Loungeでライブ兼Twitterユーザーの忘年会をやるのですが、そのフライヤーがですね……

 
 
 
 
 
Thisiseno20091130


 
 
 
 
 
マイケル、少し幅広くなられたんじゃないですか?

いや違う、これ飯野さんのシルエットだわ。
なんだろうこのポジティブ感(by @yamato。このままクロスした足をほどく要領でクルクルとターンする飯野さんが、目に浮かぶようです。

マイケルがこれ見たら、アル・ヤンコビックのFatと勘違いするんだろうなあ。
これはライブの登場シーンが楽しみですね。行きたい方はお店に直接行くか、Twitterで飯野さん(@kenjieno)宛につぶやいてください。

 
 
The Essential "Weird Al" Yankovic [Best of]
アル・ヤンコビック

[Amazonで詳細を見る]

ヘルスメーター メカヘルス
タニタ

[Amazonで詳細を見る]

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。