神本2:NYのシェフによる、美味そうすぎてワルすぎる一冊『キッチン・コンフィデンシャル』


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

2ヶ月半で読んだ289冊のうちのベスト5冊を紹介する第二弾は、「キッチン・コンフィデンシャル」(第一弾)。

ニューヨークの超有名シェフが書く、美味しい料理や素材の数々、厨房やレストランのヤバ過ぎる話、ワルで個性的過ぎるコックの面々、などについて書いたノンフィクションです。


とにかく、著者のアンソニー・ボーデインが、異常に文章が上手なのです。訳の野中邦子さんも上手。

ニューヨークのレストランなんていう魔道を歩き続けてると、人生の最高も最悪も体験するじゃないですか。そんな中で自分なりの人生哲学も持つし、それに、この業界に長くいるってことはそれだけこの業界、つまり美食や荒くれ者、ペテンと感動といったものを愛しているという事もであるし、専門職だから知識も豊富だし……

そんな彼から紡ぎだされる言葉は、まるで美食を味わっている時のように、ウットリしながら読み進めたらいつの間にか終わっちゃった、あーんもっと続けてー、みたいな気分にさせる、肩の凝らない美文でした。

知識と体験を絶妙なブレンドで混ぜ合わせ、あくまでも読者を楽しませようとするその姿勢が、大変にモテ系です。モテるんだろうなあ、この人。

少年時代に勇気を出して味わった牡蠣のグロテスクさと美味しさ。
料理人としての才能は抜群なのに人間として最低な先輩や後輩。
キッチンやレストランという戦場の運営についての分析。
料理に必要な道具や素材、調理方法についての優雅な解説。

読んでいるだけで、大変に豊かな気持ちになります。来世はシェフになりたい、今世も趣味は料理にしよう、と思いましたよ。

カクテル」っていう小説読んだことある人いますかね? 映画だとイケメン時代のトム・クルーズ起用でかなり青春ぽくなってましたが、小説だとニューヨークの地獄めぐりみたいな泥臭い話なんです(ついでに言うと、小説は映画の5億倍くらい面白いので、オススメです)。
かなりピカレクスなのですが、まあ小説だから大げさに書いてるんだろうな、と思ってたんです。

けど、この「キッチン・コンフィデンシャル」を読んで、確信しました。「カクテル」に書かれてたことは全部ガチなんだ、料理人の世界は超ヤバくて最高なんだ、と。

読書の効用のひとつに「他の人生を疑似体験することで、より自分の内面を豊かにする」というのがありますが、この本はそれを完璧に満足させてくれます。
素敵な一冊でした。まるで素敵なディナーみたいに。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。