如何にして私はKindleの罠に嵌ったか


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

Kindleで買うため、本を買うのを我慢してた

Kindle入手!

買うのを我慢していた本を、買おうとする

ない! 欲しい本がことごとくKindleにない!
古い本も新しい本も両方ない!
もはやできることは、Kindle化希望ボタンを押すのみ

仕方なく読みたい本は紙で買う

Kindleが持ったいないので、適当にランキングから探して、別に読みたくもない本を何冊か買う

その本が意外と面白かった!

 と、いうわけで、紙の本もKindle本もどんどん増えていきます……
そんなに読む時間ないっちゅうの……部屋もますます狭くなっていくし……

でもKindleで本を読むこと自体は快適なんですよね。寝転がっても座ってても読みやすい。Eink+フロントライトも目に優しい。
文字サイズを簡単に変えられるのもグッド。あとハイライトがグッド。使いまくってます。ハイライトだけ次々とジャンプして読むみたいな機能があるといいのに。

なので、最近改めて、自炊に興味が湧いてきました。スキャナはあるんだけど裁断機を持ってないんだよなあ。

如何にして私はKindleの罠に嵌ったか
Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。