とあるリストについて[ゴースト]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

※ゴーストライターによる投稿です

きゃほーいちるだよー☆
ぴよぴよぴよぴよーッ。
今日もタリーズでコーヒー飲んでたら、
いつも通りとくになにもなかったおー☆

なあおっさんおまえふだんこんなだったよなァ?

おうワイや、いちるや。
ワイは毎日、オシャレ界の比叡山、
青山に通うバリバリの可憐系OLちゃんや。
もうそれはそれは可憐で可憐で、
すれ違った人はワイから出る可憐ビーム浴びすぎて全員皮膚癌や。
初対面のADにはとりあえず、
「泣いたり笑ったりできなくしてやるからな!」と微笑む、
そんな可憐なハートマン軍曹や。

さて。
(いちるさんの着ぐるみのチャックを締め直して手を振ってみたり)

人間というのはふとしたときに鈍器で殴られる生き物です。

そんな鈍器を大切にしようね、と、
ワタシから端を発し地味に身辺に広まっているものに、


「ヤりたしリスト」

というものがあります。
今日はこのリストについて皆様にご説明させて頂きたく思います。


これはとくになんのひねりもなく、常日頃自分が、
「ヤりたし!」
と思ってる人間の上位十名を携帯のメモ機能などに打ち込み、
鈍器で殴られたり思うところあったりするたびに随時更新し、
制作者同士で折りを見てリストを発表、批判、共感したり、
非・リスト制作者に閲覧を強要しゲンナリされたりするというものです。
このリスト制作においてルールはふたつ。

一つ、今までヤッたことが無いひと。

一つ、下の気持ちに忠実に。

私のこのリストには、
ジョージクルーニーですとか阿良々木さんですとか、
TOKIO松岡ですとか真木蔵人さんですとか、
斉藤工きゅん等々キラ星どもがひしめいており、
その時々で順位やメンツがてけとうに変わったりするのですが、
なんだかんだゆって、いつも一位は、
プラトニック以上に持ち込めなかった市井の男子です。

堅太りで色がしろくて皺っぽくてせむし?ってくらいの猫背で、
辛気くさくて、頭がむちゃむちゃに良くて、
わらったときにむき出しになる歯茎がたまらん男子でした。
・・・最近気づきました、 
素敵だなー、とおもう男子を形容していくと、


なんていうかマイナス要素の強い言葉が並んでしまうことに。
ディスってねえよ、褒めてるの、褒めてるのよ!
ちょうすき・・・なのに、おかしいなァ。
匍匐前進で後退、そんな感じで間合いをとり続けてはや12年。
このリストに入るってことは、「夢!」ってことになり、
もうそれは遠くから胸震わすあの夏の花火ってことで・・・、
人の夢とはかくも儚いものなのです(号泣)。
この人を一位に入れることは自分に対しての戒め。
夢を夢のままにしちまった、チキンな自分へのいましめ。

「ヤりたし!(泣きながら挙手)」

落ち着いて381ちゃん、
ふぁいとふぁいと☆ガンバだゾ。
あい。 
肩のこびとがみーみーと警告音をあげ始めましたので、
わたしの話はこれくらいにしておいてやる。

つー・ことで!

みなさんもこのリスト、作ってみるといいですよー。
このリストのすごいとこはね、
「つべこべ言わずに作れよ。」って言われて、
しぶしぶ風にケイタイ取り出した誰も彼もがね、
リストを作り始めると、

ものっすっごい幸せそうな顔し始めるの。
どんなひとも下衆にまにま笑うんですわ。 

なんかね、とっても微笑ましい感じになるの、みんな。
とはいえ、正直、目の前の妻帯者が、
市井の・・・ていうか、
同僚女子を二名もこのリストにいれたのは先生ビビりました。


「そんなバカなことやってられっかよ。」と、
つれない感じで席を立つひともいるようですが、 
いつなんどき、

空からキラキラしたなにかがあらわれて、
「オマエの望みをかなえてもいいけどナンかある?」
ってきいてくるかわかんないわけですよ?

 

アナタ!あーたっ!
そんな千載一遇のビッグウェーブに乗り損ねたらどうするの!?
そこで冷静になれるほどお前はできたニンゲンなのかっ!
そんなできたニンゲン、こんなブログこんなとこまで読みませんっ!
備えあれば憂いなしってゆうでしょ?
だから今すぐ作った方がいいと思うの。

「オラー!ケイタイだせよ!!」

 

 

 

追伸:

これと似たようなものもあるんだけど、
それはまた、次の機会にネ!

 

 

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。