「林雄司の足跡」というコラムを書きました


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

短期連載(のはずがもう半年以上書いてる…)で月1更新している、ソニーVaioのサイトのコラムコーナーで、デイリーポータルZのウェブマスターであり、『死ぬかと思った』の企画者であり、Webやぎの目の管理人である、林雄司さんについて書きました。

「林雄司の足跡」: Sony Select

林さんはリアルでも友だちなので、普通は友だちをこんな風に褒め殺したりしないと思うのですが、客観的に見てもやはり林さんは本当にすごいし、みんなの参考になると思うので、自分の中の頭の整理も兼ねて、今回ネタにさせていただきました。他にいいネタ思いつかなかったし。

リンク先の記事では、冒頭にこんな風に彼を紹介しました。

Webディレクターとかネット編集者とかWeb企画屋とか呼ばれる業界において、林さんはベスト3のひとりだと思っています(あとの2人は、糸井重里さんと、内緒の某Aさん)。
彼は、仕事ができるとか、サクセスフルだとか、アイデアマンだとか、そういう枠内ではくくれません。それらを超えた、ナチュラル・ボーンなWeb企画屋です。彼は朝から晩までいつも面白い企画を考えているし、その質もとても高いし、そして(ここが大切な点ですが)、それをちゃんと実行します。実行するために必要な各種スキルを、面倒臭がらずに身につけます(プログラミングですら!)。
日本のインターネッツの黎明期から、彼はそうやって、誰にも頼まれず自己のモチベーションだけで、次々と伝説的なサイトを打ち立ててきました。

そう、僕は林さんを、糸井重里さんレベルの天才だと思っています。
デイリーポータルZは、もちろんアクセスも数千万単位でたくさんあるのでしょうが、それ以上に、信頼度や尊敬度の高いサイトです。そういうサイトは珍しいのではないでしょうか。

と、いうわけで、僕がやや恥ずかしさを感じながら書いたコラム、もしお時間あったら読んでみてくださいませ……

内緒の某Aさんについては内緒です。今度あった時聞いてくれたら、もし気が向いたら教えちゃうかもしれません。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。