いざ歌ってみるとかなり恥ずかしい歌


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

しゃべりを覚えはじめて、いろいろ話すのが楽しくて仕方がない様子の次女2歳です。

最近は勝手に歌を作って歌ったり、それを僕らに歌わせたりするのがお気に入りです。
それ自体は大変に可愛くて微笑ましくて良いのですが、先日作った歌がちょっとこんな感じでして……


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次女:「パパ! 『ボクーはパパ! パパーパパ!』って歌って!」

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それはパパいくらなんでも恥ずかしいよ(泣)

確かに幼児番組には「ボクは船長さん!」とか「わたしはママ!」とか言う人が出てきますが、いざ自分が、自分がですよ? 自分が自ら自分のことを、「ボクーはパパ!」って歌ってみると、

 
 
「なにそのテンション、いったいどうしちゃったわけ……」

 
 
という声が、心の奥底から聞こえてくるのです……

試しに歌ってみてください。精神的にクルから>パパのみなさま
あーあ、早く他の歌を作ってくれないかな……

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。