初挑戦、本気で肉を焼いてみた(野菜スープのレシピもおまけ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

僕は、料理は結構やるのですが、本気で肉を焼いたことはありません。

肉って、ちゃんと焼こうとすると、すごく難しそうじゃないですか?
肉焼き道みたいのがあって、道具、時間、温度、一連の流れなど、さまざまなトラップがありそうだし。

友だちに肉焼き名人がいるのですが、やっぱり、上手い人が焼いた肉は、異常に美味しいんですよね。口に入れた瞬間「うまっ!」と声が出るくらい。

なので、肉焼きからは逃げる人生を送っていたのですが、料理の経験も積んだ今、そろそろいいんじゃないかと思って、調べたり友だちに聞いたりしたんです。

結論としては、「低温調理」という必殺技を除けば、とりあえずこんな感じのレシピがベストかな、と。

【材料】
・牛肉(たぶんどの部位でもいい。サーロインとか)厚さ3cm
・塩
・デジタル温度計

【作り方】
1. 肉を30分〜おいて、常温に戻す
2. 軽く、本当に軽く、塩を振る
3. フライパンを強火で熱する
4. 油を引き(牛脂だとベストだけどなんでもいい)、中火に
5. 肉を投入。30秒〜1分
6. 表面がいい感じに焦げたら、裏返す。30秒〜1分
7. 温度計で中心部の温度が48度くらいになっていたら、フライパンからとりだし、アルミホイルに包む
8. アルミホイルにデジタル温度計をぶっ挿し、中心部の温度を測る。53度〜63度くらいになったら、そこから10分〜30分置く

【要点】
・大事なのは「肉汁を内部に閉じ込めること」。だから最初に表面を固める
・その後は余熱で火が通る。53度でアミノ酸分解が進みつつ柔らかさは保たれる

なるほど……これはどっかで何か間違えるだろう!

心配な気持ちを抱えたまま、スーパーで、オージービーフのお値段40%引きのやつを購入。
厚さが3cmじゃなくて1cmで、さっそく誤算ですが、人は自分の持ってる武器で戦わなくてはいけないのです。

デジタル温度計もニトリで購入済み。買ったのはこれ。

IMG_1904

「差し込んでなかみの温度がわかる」とか、まさに僕が欲しい機能をピンポイントでアピールしていたので、迷わず決めました。

準備は整った。さあ、焼きはじめます。

肉を常温に戻し、塩を降って、フライパンに肉を放り込みました。
すると、いきなり、

IMG_1905

ジュワワーッと肉汁が飛び出してきましてね!
なんで!? 聞いてないよ!
「肉汁を閉じ込める」ことこそが肉焼きの要点だというのに!

一番やってはいけないことをしでかしてしまいました。
失敗」の二文字が頭をよぎります。

何を反省したらいいのかわからないまま反省気分でいる内に、みるみる秒数が過ぎ、肉が焼けていきます。

30秒だとあまりにも表面が生っぽかったので、1分くらい焼きました。
両面焼いて、アルミホイルに移します。

IMG_1907

肉汁があとからあとから漏れ出てくるよ……
ドナドナ……

でも、自分としてはやるべきことをやるだけです。手続き通りにことを進めます。

IMG_1908

中心温度はだいたい43度。予定より5度低い。
温度上がるまで、待ってみるか……

IMG_1909

待てども待てども、温度が上がらない……

IMG_1911

44.5度くらいで、しびれを切らしました。
こりゃダメだ。
もう一度焼き直そう。

アルミホイルを開け、再び肉をフライパンに戻します。

IMG_1912

ふわぁ、肉汁が出まくってるナリ……

IMG_1913

いちばん見たくなかった光景が現れました。

IMG_1914

気を取り直して、この時点からのベストを目指そう!

IMG_1915

焼きすぎるくらい焼いてみました。片面1分半くらいかな?

IMG_1918

再びアルミホイルに包みます。

IMG_1919

中心温度は44度。ほぼ理想的。
この後は、祈りの時間です。

20分くらい置いて、恐る恐るアルミホイルを開けてみました……

IMG_1920

どうなんだろう、これ……
切ってみるか……

IMG_1923

あれ?
想像してたより悪くない気が……

IMG_1925

どん。

IMG_1926

まあまあ美味!

美味しかったです。友だちの肉焼き名人が焼いた肉に比べれば、確かに、肉汁の旨味は感じられず、全体的に固くなりすぎていましたが、「肉を食った!」という本能的な満足感は得られる程度には、美味しくできました。

家族にも大好評だったので、また日を置いて、やってみようと思います。

それにしても肉焼き道は奥が深いですね。今回の僕のように、やってはならない失敗を全てやってしまっても、それなりに美味しくなるし、材料と温度と時間を極めれば、もっともっと美味しくなるだろうし。
料理のレパートリーが増えて、とりま嬉しいです。

※おまけ

一緒に作った野菜スープのレシピを、置いておきます。
栄養バランスと、肉を焼く過程での失敗のリカバリ目的です。

IMG_1924

【材料】
・玉ねぎ1個
・人参1本
・ニンニク1かけ
・キャベツ半玉
・バター1かけ
・チキンブイヨン(固形)1つ
・肉を焼いて失敗してできあがった肉汁
・水800ml

【作り方】
・野菜を切って、炒める
・野菜たちがだいぶグッタリしたら、水とチキンブイヨンを入れ、野菜全部溶けるんじゃないかな? ってくらい延々と煮込む
・焼肉から溢れ出てしまった肉汁とバターを入れる
・塩胡椒で味を整える(分量外)

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。