何も見ずに書いた「数当てゲーム」【Python勉強中】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日こんなツイートを見かけて、

急にPythonから入ってプログラミングしだす素人……
データを扱えるようになりたい素人……

まさに僕のことじゃん……

と、少し恥ずかしくなりました。こんにちはいちるです。

さて、そんな僕は、いま、山のどの辺にいるかというと、

いまだにforとかifとかwhileとかの間をうろうろしています。

いやね、違うんですよ。

初心者向けTellus学習コース終わったあとで、何しようかと思った結果、結局、『退屈なことはPythonにやらせよう』をやることにしたんですよね。

この本は、機械学習でもなんでもなく、単にスクリプトとしてPythonを使おう、という本です。
そういうのも一度通っておいた方がいいかなって。

で、ゼロからまた勉強し直しみたいになっているのと、紙のページめくるのがちょっとダルいのと、すごく忙しくなってきたのと、暑いのとで、勉強の進みがノロノロとしているわけですよ。

なので、進歩は全くしていないのですが……

このくらいの「数当てゲーム」なら、何も見ないでも書けるようになりました。

https://gist.github.com/kotoripiyopiyo/18c45f95706eda78f88d84df6cf153dc
20200903oknumber

実行すると、以下のような感じで、隠された数字を当てるまで質問を繰り返します。

1から10までの数を当ててください
数を入力してください:1
小さすぎます
数を入力してください:2
小さすぎます
数を入力してください:3
小さすぎます
数を入力してください:4
小さすぎます
数を入力してください:5
小さすぎます
数を入力してください:6
小さすぎます
数を入力してください:7
当たり!7回で当てました!

可愛い……自分で書いたプログラムは可愛いですね……

本当はオススメの那須旅行地まとめブログとか書きたいのですが、イマイチ筆が動かず、プログラムのことを書いています。

さて。

この「数当てゲーム」は、先に書いた本の75ページに出てくる練習問題なのですが、答えが、僕の書き方と全然違ったんですよね。
こんな簡単なことでも、いろんな書き方があるんだなあ、と、感心したというか、微妙に不安になったというか、そんな感じです。
出力の結果は期待通りだけど、何かロジックというかモノの考え方を間違えている? とか……

早くKaggle?とかで機械学習のコンテスト?とかに挑戦したいです。
道のりが遠すぎて目眩がします。歩く道間違えているのかなあ……

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。