バグみたいな動きだけど正常。名前に日付が入っているダミーファイルを大量生成【退屈なことはPythonにやらせよう9.3用】


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

どうやらPythonは文字やファイルの操作が得意ということらしく(まだよく実感できない)、いつもの「退屈なことはPythonにやらせよう」の中に、「米国式日付を欧州式日付に変更する」という演習がありました。

週末のプログラミングのお勉強として、さて、と、とりかかろうとしたのですが、1行目でつまづきます。こう書いてあるのです。

カレントディレクトリで米国式日付をファイル名に持つすべてのファイルを探す。

それって、そもそも、名前が日付形式のファイルがたくさんないといけないってこと?

どのくらい?
100個、くらい……?

手動では面倒くさすぎて作れない!
無理!

というわけで、まずは「名前が日付形式のファイルを大量に作る」ことにとりかかりました。

せっかくなので、拡張子もいろいろにします。
どんなファイルかは……空のファイルでいいでしょう。

悪戦苦闘してできたのがこちら。
なんだか洗練されていない。もうちょっといい書き方があるのでしょうが(オススメあったら教えてください)……

yyyy-mm-ddが名前のファイルを大量生成:gist.github.com
20201205filenamecode

で、この狂気じみたコードを実行した結果がこちら。

20201205files

頭の悪い感じが気に入っております。このファイル。全部中身が空なんだぜ……
ほとんどウィルスだよなー。

というわけで、今日は1行も進みませんでした。
それにしても、この本にとりかかって3ヶ月たちますが、やっと半分行きました……
トロい……もちと意識的に時間をとって、スピード感もって進めないと、いつまで経ってもモノにできないかもなー。
少し焦ります。

追記:
問題文を読み間違えていました。どうやらファイル名には以下の4パターンがあるみたい。
・文字列のみ
・文字列+日付
・日付+文字列
・日付のみ
というわけで、スクリプトを書き直してみました。

ランダムな文字列が入ってたり入ってなかったりする日付入りダミーファイルを大量生成する:gist.github.com
スクリーンショット 2020-12-07 22.48.24

なんかごちゃごちゃしている……文章と同じく、1行が長いより、「短文を組み合わせて」というやり方で書いたのですが、どうだったんだろう……

(モタモタしてるうちに第二版が出ちゃってるよ! これ買う必要ある?)

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。