e-Stat触っていろんな意味で驚いた話と、無料統計講座完了について


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

総務省が無料で期間限定公開している「社会人のためのデータサイエンス入門」完了。

むっちゃ楽しかった! 将来的にはPythonでデータ分析して遊びたい僕なのだけど、そのための地ならしという意味で良かった。

4週間のコースだけど、実質1週間弱で終わる内容だし、3/16で無料公開は終了しちゃうので、気になる人はダッシュではじめてみてください。

それにしてもe-Stat

すごいんだけどどうなのこれ?!という感じで面白い。

統計局が出している、政府統計をまとめて見れるサイトなんだけど、統計データを加工したりグラフにしたりする機能もあって、ちょっとしたエクセルみたいなことになっている。

エクセルっぽいところも、よくできてはいるんだけど、帯に短し襷に長しな場面もあるので、触れば触るほど、「データを自由にダウンロードさせて、あとはエクセルなりGoogleスプレッドシートなりに任せれば良いのでは?」という気持ちがムクムクと膨らんでくる。

でも、「データが置いてあるだけでは、おもてなし精神などが足りない!」と説得した人がいたんだろうなあ……「外国製の表計算アプリに頼ってはならないのです!」とか力説したのかもしれない。

なるほどこれが税金の使い方というやつか、と、このサービス作成を受注した会社のプレゼン能力に脱帽しながら、でも楽しいのでポチポチ触ってます。

興味ある方は、統計ダッシュボードあたりからいじってみてください。これだけのデータがこれだけアクセスしやすくなってるんだ、統計局すごい! という気にもなるし、触れば触るほど「こんな機能あるんだ! すごい! すごいんだけど……実装する必要って……??」と、これまた楽しい気分になれます。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。