2D風(あるいは手描き)アニメがなくなる日


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここからちょっと広告です。

広告は以上です。

先日、ドラクエ12が出るという報を受けて、買ったまま放ったらかしにしておいたドラクエ11をはじめなければ! と思ったんですよね。
で、Switchの主導権は普段は子どもにあるのだけど、その日は僕がコントローラーを握り、ドラクエ11を起動。

まずは3DCGのオープニングアニメーションを鑑賞。
隣では子どもたちも観ています。

子どもたちは、そのムービーを観ながら、こうつぶやきました。

「やっぱ3Dのアニメ『は』キレイねー」

あれ? そういう感想なんだ?

シン・エヴァを観たばかりだったり、TRIGGERが大好きだったり、ヴァイオレット・エヴァーガーデン観ようとしている僕からすると、なかなかおだやかじゃない発言です(ちょっとだけね)。
子どもたちに、2Dアニメ(手描きか2D風の3DCGかに寄らず)と3Dアニメ、それぞれの感想を聞いてみました。

すると。
なんだか、アニメというものは、「3DCGのものが本気のヤツで、2DCGのものは時間の都合などで3DCGが作れなかったときの次善のもの」という風に捉えていたようなんですよね。

2DCG=割と手軽に作れる。だから毎週流せる(コナン、ドラえもん、ちびまる子ちゃんなど)
3DCG=大変なので特別なときにしか作れない(アナ雪など)

みたいな。

3DCGにあるような、人形ニュアンスの動きへの違和感はナシ。
2Dならではの躍動感に対する評価もナシ。

もちろんウチの子たちに聞いただけなので、全然統計の結果とかじゃないのですが、新鮮に感じました。
僕は、2DCGや手描きと3DCGは表現の違いであって、どっちも良いと思っているのだけど、最近の世代には、そういう感覚が希薄なのかもしれない。
そしてマーケットが新しい感覚に合わせていけば、それほど遠くない将来、2D風味のアニメってなくなるのかもしれない

アニメが3Dだらけになるのはさすがに寂しいなー、と思いつつも、なんとなく予感は当たっているような気がしました。表現のトレンドって変わっていくから。

Ads by Google

コメント

コメントは、Twitterやはてブに、以下のボタンから本記事のアドレスつきでツイート/ブクマしていただくと、上にあるzenbackのウィジェットに反映されます。
  このエントリーをはてなブックマークに追加
または同ウィジェット内のFacebookコメントでお願いしますー。

Facebookのシェアは……されても誰だかわからないのですが、シェア自体は嬉しいので、下にボタンを置かせていただきます。よろしくお願いします。